ワールドワイドキッズを半年使用した子供の6つの英語効果を大公開

ベネッセの人気幼児英語教材、ワールドワイドキッズに入会してから半年教材を使いました。

その結果子供が半年でどれだけ英語を理解し、話せるようになったか6つの効果を口コミします。

入会してもし失敗したら?後悔したら?と迷われている方は、ぜひ検討材料にしてみてください。

POINT
教材を使用した子供の年齢は、1歳7ヶ月~2歳1ヶ月頃の場合です。月齢によっても効果や成長具合は異なりますのでご了承ください。

ワールドワイドキッズを選んだ理由、挫折しないでやれると思った理由は以下の記事で紹介しています。

CHECK数ある英語教材を比較した結果ワールドワイドキッズに入会した5つの理由

ワールドワイドキッズ入会から3ヶ月後までの効果(効果1~効果3)

ワールドワイドキッズに入会してからどのように教材を使ってきたかはこちらの記事でまとめています。

CHECKワールドワイドキッズで後悔・失敗しない効果的な教材の使い方

最初の3ヶ月間の子供に見られた英語の理解や3つの効果は以下の記事で紹介しています。この時の子供の年齢は1歳6ヶ月~1歳9ヶ月で、教材はstage1~stage2を使用しています。

CHECKワールドワイドキッズ口コミ!たった3ヶ月で驚きの3つの効果とは?

以降は、子供が1歳10ヶ月~2歳1ヶ月、ワールドワイドキッズの教材はstage3とstage4も加えて使用した効果の口コミです。

ワールドワイドキッズの効果4.「Where’s~?」でカードを正しい動物へ

Stage2は動物がテーマで、いろんな動物の名前を歌、踊り、カードなどのおもちゃを使って学びましたが、1ヶ月ぐらい経ってから本当にインプットできているのか、遊びの中で試しに子供に聞いてみました。

まずは動物の絵が描かれた板を子供がぱっと見てどこに何がいるかわかるように全部床に広げた状態で、カードを子供に渡し、

理系女子ママ

Where’s a Kangaroo?

すると、カンガルーのカードをカンガルーの板を探して置きました。

理系女子ママ

・・・え!?

最初はまぐれかと思いましたが、他の動物も同じように聞いてみるとほぼ全部正解。上の写真のように正しい動物のカードを正しい板のところに置けました。

ワールドワイドキッズのDVDの中で同じように外国人の子供がこのように遊んでいたので、もしかしてできるかな?と思ってダメもとで自分の子供にも聞いてみたのですが・・・逆にできて私が驚きました(笑)

教材が届いてすぐではきっとDVDを見た後でもできなかったと思うのですが、1ヶ月しっかりインプットしてからやってみたことが成功の鍵だったと思います。

まだあまり言葉を話さない時期では本当に英語がインプットできているのか不安になりがちですが、こういう英語のアウトプットを目の当たりにすると

理系女子ママ

ワールドワイドキッズをやっていてちゃんと効果は出てるんだ!

と実感できて親自身の続けるモチベーションにもなるので、どうせ分からないだろうと思わず、時々アウトプットを試してみるのも大切だと思います。

ちなみにこの時の子供の月齢は1歳10ヶ月頃だったと思います。

1歳10ヶ月の子供の成長・生活の様子はこちら
CHECK1歳10ヶ月のジーナ式スケジュールと成長!言葉の遅れと性格の関係、大人をからかう遊び

ワールドワイドキッズの効果5.「〇〇,please」で正しい色選び

stage3で届いたネフ・スピールというおもちゃはイギリスのネフ社の人気知育玩具。実は市販でも売っています

ただこれをDVDで実際に外国の子供が色の名前を言いながら積んだりして遊んでいるのを見ることで、この色はこういう名前なんだと覚えたり、真似して遊びたくなる効果があります。

積み方次第でいろんな形に積めるので届いたその日からネフにハマって毎日遊び、休日はパパがいろんな形を作ってあげたりと一緒に遊んでいました。

パパ創作例1

パパ創作例2

その他のネフ組立パターン例はこちら
CHECKネフスピールの積み方難易度別15パターンと英語力を磨く遊び方

ネフも遊び始めて数週間ぐらいして、パパが組み立てる時に、

パパ

Blue,please.

パパ

Green,please.

と子供に言うと、英語で言われた色のブロックをパパに渡すようになりました。

実はこれ、ただ英語を覚えたというだけでなく物ではない「色」の識別もできたということなんです。

通常色の違いが分かるようになるのは2歳半~3歳頃で、それまでは色の識別ができず同じ形で違う色の物に関しては「同じもの」と思ってしまうようです。

それが、毎日同じ形だけど違う色のブロックのネフで遊んでいたことで、2歳0ヶ月にして通常より早く色の違いがわかるようになりました。

POINT
実際子供も、最初の方はグリーンやブルーと言っても違う色をとってしまったり、色ごとに分けて片付けさせようとしても1つ他の色が混ざってしまったりと、色を認識していないようでした。

また、パパ・ママが作るネフやDVDで作っているネフを見ながら自分で色々試し、多少難しい形でも子供一人で積めるように

子供作

積むために集中力・(積んだ後の形の)想像力手先の器用さなどが養えて、さらに後述の英語を話すきっかけにもなったので、個人的にはワールドワイドキッズの教材の中でもネフはかなりのヒット商品です。

ネフスピールを
⇒楽天で見る ⇒Amazonで見る

ワールドワイドキッズの効果6.英単語を話したり英語の歌を歌う

1歳11ヶ月 で初めて英単語を話し、2歳になってからさらにいろんな英単語や英語の歌が歌えるようになりました。

1歳11ヶ月~2歳1ヶ月現在で話せる英単語・英単語の歌一覧はこちら
※言えるようになった順

  1. blue(青)
  2. green(緑)
  3. one more(もう1回)
  4. red(赤)
  5. cow(牛)
  6. apple(りんご)
  7. go(行く)
  8. cheese(チーズ)
  9. juice(ジュース)
  10. ABC Song(アルファベットの歌を8割)
  11. 1,2,3,4,5,8,9,10,13,14,17,18,19,20(英語の数)
  12. head(頭)
  13. knees(膝)
  14. toes(つま先)
  15. silver(銀)
  16. shut(閉じる)
  17. clap(叩く)
  18. book(本)
  19. Are you sleeping(歌詞)
  20. Brother John(歌詞)

それぞれどんなことをしてどういうシーンで初めて英語を話せるようになったかはこちらの記事で詳しく紹介しています。

CHECK1歳がワールドワイドキッズ半年で話せるようになった20の英語

ワールドワイドキッズ半年の効果まとめ

半年間、半信半疑ながらもDVDやCDで英語をインプットし続けましたが、英語の問いかけを理解して行動したり、2歳前後から英単語を話したり英語の歌を歌ったりと目で見える効果があり、今までの英語は無駄ではなかったと実感できました。

アウトプットできるようになったのも、ただDVDを見るだけでなく親も一緒におもちゃで遊びながらDVDを真似して英語で話しかけたりして、さりげなく生活の中に英語を取り入れたからだと思います。

引き続きワールドワイドキッズを受講し、また数ヶ月後にその後の子供への英語効果をご紹介したいと思います。

幼児期の英語教育は気になるけど、子供が英語に興味を示すかどうか不安という方は2社から無料英語DVDを貰って試すことができます。

1.ワールドワイドキッズと同じベネッセのこどもちゃれんじEnglishのしまじろうが歌って踊る英語DVDの無料プレゼントはこちら
こどもちゃれんじEnglish無料英語DVDプレゼント(公式サイトへ)

2.ディズニーの英語DVD、CD、絵本、お風呂に貼れるABCポスタープレゼントはこちら
「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!(公式サイトへ)

英語教育まとめはこちら
早期英語教育まとめ!始める時期、幼児英語教材・英会話教室比較・口コミ