4歳で英語を長い文でスラスラ話せるようになった実践法を今すぐGET>>

英語絵本の効果的な読み方!英語の理解度がUPして自然と発話させる方法

英語絵本の効果的な読み方

英語絵本というと、

ママ

英語絵本を読んでるけど意味をちゃんと理解してるか分からない…

ママ

ただの暗記になってしまってないか本当にこれが話すのに繋がるのか不安…

というお悩みやご質問をよくいただきます。

そうですよねー、私も以前同じことを思ってたのでお気持ちよく分かります。

ただ読むだけで終わらせず意味の理解と発話に繋げるにはどうすればいいんだろう…て。

そんな時効果を感じたのは「文字」だけでなく「絵」も大事にして絵本を読むようにしたことでした。

確かに文字を覚えさせるために文字を指差して読む方法もあるけど、やっぱりまずは意味の理解があってこそ、じゃないですか。

なので、せっかくの絵本をただの「音」や「文字」と意味のないもので終わらせないために、絵をじっくり見ながら意味を想像しながら読むようにしました。

実際私も自分が読んでる時に文字だけしか見ずに読むと、お経のように淡々と意味を考えずにただ読むだけの「作業」になってしまってて。

でも、読みながら途中途中で絵もじっくり見るようにしたら読んでる言葉やシチュエーションをイメージできて

リケジョママ

あ、今こういう状況なんだな。

と日本語に訳さなくても自然と分かるようになりました。

以前は娘が読んでない時に絵をじっくり見てなかなか次のページに進まない時は早くページをめくるよう促したり、ページをめくった後もすぐ読もうとせず止まってると(新しい絵本だと特に)早く読むよう促してたんですが…

リケジョママ

あ、これも絵を見てストーリーを想像してたんだ!

と気づいて反省。。。

なので今は娘が止まって絵をじっと見てる時は「今は想像してる時間なんだな」とその時間を大事にしてあげて、私自身も絵をよく見ながら、

リケジョママ

Look! This bear is yawning.

(見て!このクマあくびしてるよ。)

リケジョママ

I’m sure he’s sleepy.

(きっと眠いんだろうね。)

なんてその絵について話したりしています。

そうすると私も娘もそのシーンがイメージできて内容をより理解できるようになったし、私が絵について声かけすることで娘も同じように絵について話すようになりました。

なので、そこから親子の英語での会話にも自然と発展して、

わざわざ語りかけしなきゃー、とか。

いつ英語で語りかけしようかなー、とか思わなくても

英語の絵本を読む=英語で娘と会話する

と自然になってます。

やっぱり意味なく淡々と文字を読んでるだけじゃ、お経と同じ。

あれって本当、意味は全く考えず、ただそこに書いてある字をひたすら作業的に読んでるだけで、読んだことで何か新たに理解した…なんてことはないですよね。

なのでせっかくの絵本をただのお経で終わらせないためには

絵をしっかり見て意味を想像し、言葉と内容をリンクさせることが大事

です。

もしあなたもつい文字だけで読んでしまっていたなら、ぜひ今日から絵を見ることも大事にしながら読んでみてくださいね。

リケジョママのメルマガに登録すると、このようなおうち英語で子供が英語を話せるようになるために必要なことや最短で結果を出すためのノウハウを受け取れます。

さらに今だけ!読者様から大好評の「4歳で娘が英語を長い文章で話せるようになるまでに私がやった具体的な実践方法」を無料でプレゼント!

あなたも今すぐ読んで、私の娘の後に続いちゃってください!

\こちらから受け取れます/
今すぐ無料プレゼントをGET