4歳で英語を思いのままに話せるようになった方法>>

子供が英語絵本を暗唱で音読する方法!文字読み前の2歳3歳でも読める

英語絵本音読のやり方

子供が英語絵本を自分で音読できるようになると、語彙が増えたり、覚えた英語が定着したり、文法を自然に身につけられる、とたくさんのメリットがあります。

ママ

でも、文字を読めないから音読できるのはまだ先かも・・・。

なんて思ってやらないのはもったいない!

英語を文字で読めるようになる前の、2~3歳の幼児ですら、暗唱(記憶読み)で英語絵本を自分で音読できちゃうんです。

おうち英語でもうすでに子供の絵本音読に取り組まれてる方もいれば、

ママ

どうやって暗唱させればいいか分からない・・・。

という方もいると思います。

そこで今回は、子供が英語絵本を暗唱で音読できるようになる簡単な方法を紹介します。

実際に娘が読めるようになった2歳・3歳の時に暗唱で英語絵本が読めるようになった体験談も含めてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

MEMO
こちらは、私が発信しているおうち英語メルマガの過去配信分です。

最新の情報を読みたい方は、以下よりメルマガに無料登録できます。

リケジョママのメルマガに無料登録する

覚えてない、知らない英語は子供が読めなくて当然

残念ながら、

ママ

はい、絵本読んで―。

と言って素直に読んでくれる子供は、ほぼいません。

じゃあどうすればいいか?

一つ言える大事なことは、『覚えてなければ(知らないことは)読めない』ってこと。

例えば、あなたがポルトガル語を全く読めないと仮定して、ポルトガル語の絵本をいきなり渡されて「はい、読んで」と言われたら、読めますか?

ママ

いやいや、何言ってるの、読めるわけないでしょ!

って思いません??

じゃあ、もし1ヶ月間毎日その絵本のフレーズを「音」で聞き続けたらどうですか?

フレーズ自体は出だしを言われればその続きが自然とでてきそうだけど、それだけではまだ、どのページがどのフレーズなのか分からないですよね?

それなら・・・

毎日フレーズを繰り返し聞いて、さらに時々その絵本の該当ページを見ながらフレーズ聞いてみたらどうですか?

なんとなく、この絵の時はこのフレーズ!って覚えられそうな気がしませんか?

・・・はい、勘のいい方はもうお気づきだと思いますが、子供への絵本の暗唱のさせ方はまさにそれと同じ方法です。

ちなみに、あなたは大人なのでたとえ話で1ヶ月と言いましたが、幼児は大人より吸収力が高いので、幼児に覚えさせるにはかけ流しは1~2週間あれば大丈夫

ママ

暗唱まで1ヶ月もかかるなんて、なんか大変そうだなぁ・・・。

と思った方も安心して下さいね。

では、早速具体的なやり方をお伝えしていきます。

英語絵本暗唱のやり方は朗読音声かけ流し+時々絵本

先程のたとえ話で分かったように子供が英語絵本を暗唱して自分で音読できるようになるのに必要なのは、以下の2つの取り組みです。

  1. 音を繰り返し聞く
  2. 絵と音を一致させる

読み聞かせだけでは子供が覚えるまで何度も読むのは毎日同じ絵本が読めるとは限らないし、時間がかかってしまい非効率・・・。

なので、1に関しては、朗読音声のかけ流しで毎日聞かせてしまえばめちゃくちゃ楽になりますよ。

CDで聞かせるのもよし。電子書籍で聞かせるのもよし。

CDもなく、電子書籍にも入ってない英語絵本は、Audibleから無料で音声をダウンロードすることもできます。

特に、I can readシリーズの絵本音声は豊富にそろってます。

AudibleとはAmazon Audibleでおうち英語かけ流し無料!PeppaPigなど人気オーディオブックが聞き放題

1週間毎日朗読音声をかけ流し、2~3日に1回でもいいので絵本を見ながら朗読音声を聞く。

これだけでOKなので、忙しいあなたでもできますよ。

実際に私は娘が3歳の時にこのやり方を試したところ、1週間で絵本1冊の文章の8~9割は読めるようになりました。(絵本の長さによると思いますが)

3歳の時の懐かしい動画をお見せしますね。

「Goldilocks and the ThreeBears」を娘が音読してる動画↓

Nonfiction Sight Word Readers Level Aを娘が音読してる動画

8~9割読めるようになったら、あとは音読練習を数回して読めなかったor間違えた部分を正しくインプットすれば、すぐに絵本を全部読めるようになりますよ!

read it your self英語絵本中身Goldilocks and the Three Bearsを3歳音読!絵本内容と読めるまでにやったこと【動画あり】

子供が英語絵本を最初に自分で読んだのは2歳でした

上のやり方を始めたのは娘が3歳の時からなんですが、実は私の娘が一番最初に英語の絵本を自分で読んだのは2歳の時でした。

その頃は、英語の絵本を自力で読めるようになるなんて思ってもいなかったので、特に音読させようと特別なことはしてなかったんですが。

娘がワールドワイドキッズのStage4の絵本「Mimi goes Shopping」が大好きで毎日読みきかせしてたら、ある日部屋に置いてあるのを当時2歳の娘が自分で見つけて・・・自分で勝手に読み始めたんですよ!

その時の動画がこちら↓

まぁ今聞くと2歳なので、宇宙語みたいですが(笑)

リケジョママ

しかも離れたところからこっそり撮ったから音が小さい・・・

要は何が言いたいかというと、「2歳だからまだ早い」って決めつけちゃわないでほしいなってことです。

2歳でも繰り返しインプットすれば、自分で読めるようになるんです!

私はその後、一時期おうち英語のモチベが低下してあまりやっていなかったんですが、3歳で幼稚園入園して日本語パワーに押されたら英語イヤイヤ期に突入してしまって、そこからまた英語絵本を音読させるのにかなり苦労しました。

今思うと、

リケジョママ

2歳の頃から音読を習慣化してればそんな苦労もしなかっただろうな・・・。

と思います。

※英語イヤイヤ期は3歳後半で収束

なので、絵本の音読を始めるのは早ければ早いほど楽ですよ!理想は英語イヤイヤ期が訪れる前の2歳~ですね。

英語絵本の暗唱のやり方まとめ

  1. 毎日同じ朗読音声をかけ流す
    ↑反復が大事なので日によってバラバラはNG。1日1回でOK
  2. 絵と音を一致させるために数回音声を聞きながら絵本も読む

文字が読めなくても、暗唱で口に出せる=日常でもその英語は言える(話せる)ってことなので、スピーキングにも役立ちます。

ぜひ英語絵本の暗唱での音読をやっていなかったら、積極的に取り入れてくださいね。

ちなみに文字を読むことは急がなくて大丈夫。まずは話すこと・聞くことを鍛えることが大事です。

タイミングとしては、子供が文字に興味を示してきた頃に、読む時に文字を指でなぞりながら読むよにし、少しずつ文字読みに移行するといいですよ。

リケジョママ

その時にフォニックスを同時に覚えると、文字読みへの移行がスムーズになりますよ。

リケジョママのメルマガに登録すると、このようなおうち英語で子供が英語を話せるようになるためにやるべきことや考え方などをお届けします。

登録特典「子供が英語を長いセンテンスで話せるようになるまでにやったこと」は読者様からも大好評なので、お見逃しなく!

\メルマガ限定最新情報や読者限定プレゼントはこちら/
リケジョママのメルマガに無料登録してGET

リケジョママ

メルマガ読者様限定で、おうち英語のお悩み相談も無料で受付け中です。