4歳で英語を文章でスラスラ話せるようになった実践法を無料でGET>>

英語動画や絵本は子供の興味と英語レベル、どちらを優先して選ぶ?

子供の興味と英語レベル

あなたはおうち英語をする上で、英語の動画や絵本を選ぶ時に

  • 子供の興味があるものを優先するか
  • 子供の英語のレベルを優先するか

と迷ったことありませんか?

この動画、子供が好きそうだけど、会話のスピードも速いし内容も私の子供には難しそうだから、もうちょっと簡単な動画を選んだ方がいいのかな…?

この絵本、子供の好きな〇〇の内容だけど、文章も少し長いしもっと単語だけとか短い文の絵本の中から選んだ方がいいかな?

こんなご質問をよくいただきますが、私の場合どうしているかをお伝えしますね。

英語の動画や絵本は子供の興味優先でチョイス

結論から言うと、英語のレベル関係なく、子供の興味があるものはどんどん与えちゃってます!

なんでかというと、分かるものを与えるんじゃなくて与えることで分かるようになるから。

分かりやすい例でいうと、ディズニー映画。

日本語でも、Eテレやこどもちゃれんじのような子供向けに作られた番組と違って、ディズニー映画は日本語音声でも幼児には絶対分からないような難しい言葉も出てくるし文章も長いですが、普通に幼稚園年少や年中の子供でも映像から意味を想像して楽しんで見てますよね。

で、いつの間にかテレビで聞いた難しい言葉も真似して言うようになったり。

絵本だって、日本語の絵本は文字の量を気にせず子供が興味をもつものをどんどん読んであげることで、語彙が豊かになって言葉を話すのも早くなるじゃないですか。

英語も日本語と同じです!

インプットした言葉しか絶対に話すことはないので、単語の絵本しか見てなければ単語でしか話さないし、短文の絵本しか見てなければ短文でしか話せるようにはならないので…

簡単なものも難しいものも関係なく、お子さんの興味のあるものはまんべんなく与えてインプットしてあげましょう!

私がそうすることで娘はいろんな英語を話せるようになりました。

大丈夫です、文章が多少難しくても絵や映像から想像して楽しめますから。

聞いて、想像して、楽しむことを繰り返すことでだんだん分かるようになります。

なんなら絵本の本文を全部その通りに読まないといけないルールなんてないですからね。

少し省いたっていいんです。

ただし英語の絵本は読み聞かせが苦じゃない範囲で

ただ、私の場合動画は難易度関係なく娘が興味を持ちそうなものは何でも見せてましたが、絵本は英語の文章量的に私が読み聞かせを苦じゃないと思える範囲で選んでいました。

だって、あまりに長文で難しい単語だらけで

リケジョママ

うわっ、ちょっと読むのきついな…

と自分が思ってしまう絵本だと買っても読むのに腰が重くなる。

で、結局他の本ばかり選んでその本はなかなか手に取らずにお蔵入りになることが多いので、自分が苦じゃない範囲で選んでます(笑)

どんなに良書でも読まなければ意味がないですからね。

ということで、

  • 子供の興味優先でレベル気にせず、動画も絵本もどんどん与えてOK!
  • 与えることで話せるようになるし分からないことも絵や映像で想像できるから!
  • だけど絵本はお蔵入りにならないよう子供も自分も楽しめる範囲で(笑)

無理なくやっていきましょうー。

リケジョママのメルマガに登録すると、このようなおうち英語で子供が英語を話せるようになるために必要なことや、最短で結果を出すためのノウハウを無料で受け取れます。

さらに今だけ!読者様から大好評の「4歳で娘が英語を文章でスラスラ話せるようになるまでに私がやった具体的な実践方法」を無料でプレゼント!

あなたも今すぐ読んで、私の娘の後に続いちゃってください!

\こちらから受け取れます/
今すぐ無料プレゼントをGET

 

英語絵本多読におすすめのシリーズ5選!楽しめて音読にも最適おうち英語でおすすめの子供向け海外YouTube10選!定番人気番組を厳選しました