rikejo.netとは?

ワールドワイドキッズでアウトプットできる6つの方法と場所

ワールドワイドキッズは、赤ちゃんや幼児に英語を「インプット」するにはとても優秀な教材だと思います。

ですが、ワールドワイドキッズに限らず自宅で行う幼児英語教材(おうち英語)に共通する課題が「アウトプットの場」の少なさ。

パパやママがバイリンガルで英語がペラペラな場合を除いては、生の英語を実際に聞き取って会話する機会は少なく、本当に英語を話せるようになっているのか効果を実感しづらいのが事実です。

そこで、ワールドワイドキッズ受講生がアウトプットできる方法や場所を徹底調査したところ、6つ見つけたので内容や参加方法を詳しくご紹介します。

1.ワールドワイドキッズのワークショップ

ワークショップの内容

ワールドワイドキッズのアウトプットイベントといえば、まずは会員限定のワークショップ。

ネイティブの講師と会員が集まって、一緒に英語で歌ったりクイズやゲームをして楽しめるので、英語に触れあう場所が欲しい、子供の学習の成果を確認したいという人におすすめです。

各Stageごとにイベントが開催されるので、まだStage6まで全部学習できていないという場合でも、早い段階からワークショップに参加可能。

ただ、私も過去にワークショップは2回ほど参加したことがありますが、『ワールドワイドキッズで挫折しそうになった時やった5つの対策』でお伝えしたように、ゲームなどにしっかり参加して楽しみたければ3歳以降の参加がおすすめです。

ワークショップの参加方法

【Stage0】

・対象年齢:0歳~2歳未満

・参加費用:親子ペア参加券3,240円、参加見学券1,080円

・所要時間:50分(途中休憩なし)

・定員:親子16組

【Stage1~6】

・対象年齢:1歳~就学前

・参加費用:親子ペア参加券2,160円、参加見学券1,080円

・所要時間:50分(途中休憩なし)

・定員:親子20組

料金体系が少し分かりづらいのですが、ワークに参加できるのは子供1人につき親1人(=親子ペア参加券)で、両親で参加する場合もう一人の親は椅子に座って見学する(=参加見学券)ことになります。

肝心の開催場所や頻度ですが、東京(毎月)、大阪(年9回)、名古屋(年8回)、札幌(年1回)、福岡(年1回)。(※2019年度の場合)

ちなみに私が東京にいた時は、競争率が激しくて申込開始時間とほぼ同時に申し込まないとすぐ満席になりましたが、札幌では年1回の開催しかなく知名度が低いからか申込開始から何日か経ってからでも空席ありました。

スケジュールの詳細確認や申込みは、入会すると見られるようになる「活用ナビ」という会員限定ページからできます。

2.ベネッセの英語コンサート

※著作権フリーのアンコールの部分のみ

英語コンサートの内容

ベネッセではワールドワイドキッズとこどもちゃれんじEnglish共同で夏と冬の年2回、全国で英語コンサートが開催されます。

コンサートといってもただ見るだけではなく、クイズが出されて答えをみんなで叫んだり、一緒に歌ったり踊ったりできる参加型のコンサートです。

さらに、開演前と休憩時間には外国人の先生と一緒に英語で歌ったり英会話できるので、絶好のアウトプットの場です。

こんな感じで一人の先生を子供達が囲ったグループが6~7個ありました↓
play

関連記事
ワールドワイドキッズとこどもちゃれんじEnglishの違いを両方受講して徹底比較

英語コンサートの参加方法

・チケット代:3歳以上1人につき3,120円(会員は2,880円)

・所要時間:前半30分+休憩15分+後半30分

・開催地区:関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬)、中部(愛知・岐阜)、関西(大阪・兵庫・京都・志賀)、中国・九州(岡山・福岡)

ワールドワイドキッズ・こどもちゃれんじEnglish・こどもちゃれんじいずれかの会員の場合は、会員価格で安く購入することができます。

公演全体では1時間15分ありますが、途中に休憩時間があるので集中力が続かない子供でもあまり心配せず参加できます。

公演中も子供ばかりでにぎやかなので、泣いたりしても周りをそれほど気にせず気軽に参加できます。

ベネッセ英語コンサート

関連記事
ワールドワイドキッズとこどもちゃれんじイングリッシュ併用の3つのメリット

3.ベネッセの英語体験イベント

event
出典:https://benesse-bestudio.com/event/

英語体験イベントの内容

今までのワークショップや英語コンサートは結構知名度があるので知っている方がほとんどだと思いますが、意外と知らないのがベネッセの英語体験イベント。

最近の英語教育で注目されている、英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶことが体験できるベネッセの子供向けイベントです。

英語でクッキング、英語で理科実験、キャンプ、異文化交流など様々なプログラムが用意されています。

英語体験イベントの参加方法

・対象年齢:幼児~中学生

・開催地区:全国各地のBE studioプラザ教室、大学などのホール、海外

体験するイベントによって参加費用や日時・所要時間は異なりますが、夏休みなどの長期休暇中に開催されることが多いです。

ベネッセ英語体験イベント

4.ベネッセの英語教室Be studio

be studio
出典:https://benesse-bestudio.com/

英語教室の内容

ベネッセの英語教室Be studio(ビースタジオ)は、20年目を迎えるベネッセこども英語教室と40年以上の歴史があるこども英会話のミネルヴァがひとつになった子供向けの英語教室です。

他の英語教室と違うのは、ベビークラスと幼児クラス※にはレッスン中にワールドワイドキッズのメインキャラクターであるミミやこどもちゃれんじEnglishのしまじろうが登場するところ。(※幼児クラスはスタンダートプログラムのみ)

同じキャラクターやカリキュラムがあることで、人見知りの子供でもなじみやすかったり、家と英語教室の相乗効果でよりアウトプットしやすくなります。

英語教室の参加方法

【スタンダートプログラム】

・先生:日本人(オールイングリッシュ)

・対象年齢:0歳(生後9ヶ月)~高校生

・教室タイプ:ホーム校(先生の自宅や外部会場)、プラザ校(商業施設内)

・定員:ベビー/6組、幼児/6~8名

・レッスン時間:ベビー/月2~3回で1回40分、幼児/週1回で1回50~55分

・受講費用:ベビー/月4500~6500円+教材費7500円、幼児/月5500~7500円+教材費15915円

【インターナショナルプログラム】

・先生:外国人(日本人スタッフのサポートあり)

・対象年齢:0歳(生後9ヶ月)~高校生

・教室タイプ:プラザ校(商業施設内)のみ

・定員:ベビー/6組、幼児/6~8名

・レッスン時間:ベビー/月2~3回で1回40分、幼児/週1回で1回60分

・受講費用:ベビー/月5700~7700円+教材費7500円、幼児/月9500円+教材費17500~19250円

※ともにワールドワイドキッズやこどもちゃれんじEnglish会員の場合は入会金無料

外国人講師のインターナショナルプログラムを選ぶと、月謝と教材費を合わせると結構なお値段。(特に幼児クラス)

すでにワールドワイドキッズの教材費を払っているのに、さらにそこからこれだけ払う気にはならないという場合は、無料体験レッスンだけアウトプットの機会として受けるといいと思います。

月会費は併用するには高い、でも自分で自宅で教えるのも疲れてきたからもう先生に任せてしまいたいという場合には、後述「6.子供向けオンライン英会話」がおすすめです。

関連記事
ワールドワイドキッズで後悔・失敗しない効果的な英語教材の使い方

5.ワールドワイドキッズのオンラインレッスン「Talk’n Play」

Talk’n Play(トークンプレイ)の内容

ワールドワイドキッズには、PCで受けられるオンラインレッスンもあります。

コースは、教材のStageと連動してクイズや歌・ダンスがメインの「Playコース」と、季節や行事に合ったより実践的な会話が楽しめる「Talkコース」の2種類。

ミミのパペットやミミのイラスト、教材の歌などが出てくるので、子供もワールドワイドキッズと結びつけて楽しく受講できます。

先生とうまく話せるように、伝えたい気持ちを高める事前ワークも用意されています。

Talk’n Play(トークンプレイ)の参加方法

・対象年齢:Playコース/推奨3歳以上、Talkコース/推奨4歳以上

・レッスン時間:1回15分を月2回+4ヶ月に1回チェック&アドバイス

・レッスン日時:月~水・金(15:00~20:00)、土日(9:00~18:00)

・受講費用:月2462円でチケット制

・用意するもの:WebカメラとPCマイク

レッスン時間がたった15分で月2回しかないので、少し物足りなくは感じますがその分月会費も安いので、気軽に受けることができます。

理系女子ママ

WebカメラとPCマイクの用意が必要ですが、ノートPCの場合は大抵内蔵されているようです。(買う場合でも各1000~1500円程度)

こちらはワールドワイドキッズ会員以外でも受講できるので、会員の方はマイページの活用ナビから、会員以外の方は電話で申し込むことができます。

関連記事
ワールドワイドキッズを2年使った効果!3歳でこれだけ英語を話せるように

6.子供向けオンライン英会話

ベネッセとは無関係なんですが、子供をおうち英語だけでバイリンガルに育てたママ達は大抵オンライン英会話をやっているので、併用のアウトプット手段としてかなりおすすめです。

仕組みはほとんど先程のトークンプレイと同じなんですが、連動していないというハンデがある分、とにかくコスパがいい!

月3000円くらいで1回約30分のレッスンを毎週(週1日)受けられて、週5日コースにした場合でも月1万円もかからないので、抜群のコスパで外国人と英会話をする機会をたっぷり与えられます。

理系女子ママ

無料体験レッスンも2回受けられるところが多いので、子供が人見知りで入会後にレッスンをきちんと受けられるか不安な場合にも心強いです。

※トークンプレイは体験レッスンなし

そこで子供向けオンライン英会話の比較サイトをいくつも見比べて最終的にいいと判断した教室が、ABCも分からない子供でも楽しませられるよう訓練された先生ばかりで実績もあると評判のリップルキッズパーク hanaso kids

私も2つのどちらかに前向きに入会を検討しているので、近々両方の体験レッスンを受ける予定です。(体験レッスン後には詳細記事アップ予定)

入会を検討していない場合でも、無料レッスン2回×2教室=合計4回の英会話レッスンが無料で受けられてレベル判定もしてもらえるので、アウトプットする場として一度試してみてもいいと思います。

リップルキッズパーク

hanaso kids