4歳で子供が英語ペラペラになった方法、知りたい方はこちら>>

子供がおうち英語を嫌がる原因と解消するのに役立ったおすすめ英語YouTube7選

子供が英語を嫌がる原因と対処法

おうち英語をやっていて、最初は幼児英語教材を大人しく見てくれていたのに、幼稚園に入園してから英語を嫌がるようになってしまった・・・

そんな風にお悩みの方必見!

幼児が急に英語を嫌がるようになるのには、実はとても当たり前の理由があるんです。

子供が嫌がる原因をきちんと理解すれば、対処法はそれを取り除いてあげるだけなのでとってもシンプル!

この記事を読めば、今まで英語を話していた幼児が急に英語を嫌がるようになった理由、日本語ばかり話したがる理由がわかるようになりますよ。

また、英語を嫌がる幼児でも楽しめるおすすめの英語YouTubeも紹介しますので、理由に寄り添いつつ、子供が再び英語が好きになれるよう、手助けをしてあげてください。

MEMO
こちらは、私が過去に配信したおうち英語メルマガの中から一部をピックアップして掲載しています。以下よりメルマガに登録すると、最新の情報をお届けできます。

リケジョママのメルマガに無料登録する

子供が英語が嫌がる原因・理由

子供が3歳~4歳頃から、英語より日本語で話したくなるのは当たり前です。

だって、英語より日本語の方が分かるから。お友達も日本語で話してるから。

それなら、英語をやる意味、話す意味がなくなっちゃいますよね?

あなたも、フランス語と日本語の両方が話せるフランス人と日本人のハーフの友達と、フランス語で話したいと思いますか?

・・・思いませんよね?両方話せるなら、自分がよく知ってる日本語の方で話してよ、と思いますよね・・・?

今、あなたのお子さんもそれと同じ状況なわけです。

小さい頃はまだよくわかってなかったから、英語をそのまま英語で受け入れていたけど、今はもう

子供

ママは日本語も話せるんだから、わざわざ英語で話す必要はないじゃん。

こう気づいちゃったから、英語を拒否するようになってしまったんです。

実は私の娘も今は5歳で英語をぺらぺら話してますが、3歳過ぎで幼稚園入園後に英語イヤイヤ期が到来し、乗り越えるのにかなり苦労をしました。

なので、苦労するお気持ち、よくわかります。

そんな時効果的だったのは、無理やり英語を話させようとしたり、英語教材のDVDやCDを見せようとするよりも、英語でしか見れない楽しいものを与えてあげたことでした。

英語でしか見れない好きなものを作ることで、それを見たいために英語のTVを見たり、それと連動したおもちゃや英語絵本を英語で遊んだり読んだりするようになりました。

大事なのは、教材を続けることよりも、英語でしか味わえない楽しみを与えて「英語から離れない」こと。

教材はイヤイヤ期を乗り越えてしまえば、また見たり使ったりしてくれるようになるので、イヤイヤ期の最優先事項は子供に英語への「好き」を取り戻すことです!

ということで、実際に英語圏のネイティブの子供達やおうち英語をしている子供達に人気で、娘もハマった英語の楽しさを教えてくれるおすすめYouTube7選+αを紹介します。

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube1.Peppa Pig(ペッパピッグ)


おうち英語をしている親なら誰もが知ってる、おうち英語界の「超」定番!

日本でいうアンパンマン的な、イギリスの国民的アニメです。

1つのストーリーは2分程度の短いストーリーですが、最後にオチがあるので、英語の内容がわからなくても映像を見るだけでもおもしろくて男女問わず幼児に大人気!

私の娘も最初に見始めた頃から、オチのところで爆笑してました(笑)

日常会話が楽しく学べるので、大人の英会話学習にもおすすめされてる人気番組です。

ペッパピッグのおすすめ絵本はこちらで紹介してます。

Peppa Pigアクティビティブックペッパピッグの遊べる絵本おすすめ4選!シールブックや塗り絵で楽しく英語が学べる

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube2.PinkFongのFairy Tales(童話)シリーズ


PinkFong(ピンクフォング)のFairy Tales(おとぎ話)シリーズは、歌とショートストーリーでいろんな童話を英語で楽しく見られます。

子供が2歳以下の頃は英語を楽しめるように歌でもいいと思うのですが、3歳以上になるとストーリーを理解できるようになるので、少しずつお話の動画も取り入れていくのがおすすめなんですが・・・

これまで歌メインに視聴していたから、いきなり英語だけのお話で大丈夫かな・・・という人への導入にもこちらはぴったり!

童話のストーリーを簡潔に表したノリノリの歌が最初にあって、その後5分ぐらいのショートストーリーで気楽に楽しく見れるので、兄弟で小さい子がいるという場合も一緒に楽しめますよ。

上の動画はいろんなストーリーの詰め合わせですが、「PinkFong Fairy Tales」でYouTubeを検索すれば、各ストーリーごとに個別の動画も見れます。

こちらの記事でピンクフォングの童話シリーズをストーリーごとにより詳しく紹介してるので、気になる方はこちらもご参考ください。

英語童話YouTube2歳~4歳の幼児におすすめのYouTube英語童話6選!連動絵本で理解力アップ

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube3.Number Brocks(ナンバーブロックス)


Number Brocksは英語で算数(足し算・引き算・かけ算・割り算)が視覚的に楽しく学べる!

数が好きな子、または算数に苦手意識を持たせず楽しく取り組みたい方におすすめの動画です。

同シリーズのフォニックスが学べる「Alphablocks」の方は、フォニックスを覚える前は娘の食いつきがイマイチだったんですが、Number Brocksはストーリーもあって面白いのでわりと小さく頃から楽しく見てます。

単純に算数を教えるだけでなく、普通の会話も学べるところも◎

レベルが上がるにつれて、よりストーリー仕立てになっておもしろくなっていきます。

連動して遊べる算数キューブやNumber Brocksのアプリなどは、こちらの記事でまとめてます。

英語で算数が学べる無料動画英語で算数が学べる無料動画&アプリ・教材!Number Blocksでインプット~アウトプットまで

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube4.Blippi(ブリッピ)


↑の動画は、5:45~のブルドーザーダンスは、子供が大ハマリすると大人気。

Blippiは、働くくるまや恐竜など特に男の子に人気のテーマが多いと思いきや、社会見学やサイエンス要素もあるので、意外に男女問わず大人気のYouTubeです。

娘も好きですが、私自身も工場見学とか美術館見学とか英語以外にいろんな社会的知識がつくのがいいな~と思って意識的によく見せてます。

あと、意外に英語教材にはあまり入っていない1月~12月の英単語を、娘はBlippiの歌「Months of the Year Song」で覚えました。

最近流行りのSTEM教育に興味がある方はもちろん、比較的最近の今どきの動画が見たい、いろんな知識をつけてあげたいという方におすすめです。

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube5.Mr Tumble and Friends(ミスター・タンブル)


Mr.Tumbleも、映像で見るだけでおもしろそうなことが起きる予感しかしない!笑

こちらはストーリーというより、ド派手なおじさんがわちゃわちゃ面白いことをするので、まだストーリーをあまり理解ができない小さい子供でも楽しめます。

個人的に、トロンボーンを演奏したりと音楽的要素があるところも気に入ってます。

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube6.Thomas(機関車トーマス)


日本のアニメでは幼児(特に男の子)に人気の機関車トーマスに、英語版もあるって知ってました?

娘の場合は、乗り物よりもディズニープリンセスや可愛いものが好きになったのであまり出番はなかったんですが、周りの男の子でおうち英語をしている子にはかなり人気です。

YouTubeで気に入ったら、絵本も買って連動させられます。

英語を嫌がる子供におすすめのYouTube7. Paprika(パプリカ)/Foorin team E


日本語版のパプリカも、娘は幼稚園で歌と踊りを覚えてきて好きだったんですが、その英語バージョンがあると知り、見せてみたら大ハマり。

一時期、ほぼ毎日夜ご飯の後にこのYouTubeを見て親子で一緒にダンスしてました。

お風呂でも音だけかけ流しをしたら、湯舟の中で娘が歌って踊り出したぐらい(笑)

振り付けも日本語のパプリカと同じようですが、個人的に英語版パプリカの動画の方がおしゃれで好きです(笑)

親子で歌って踊って楽しめたら、歌詞を印刷して一緒に聞きながら歌詞を指差ししたら、文字を覚えるのにも役立ちました。

英語を嫌がる子供にはディズニー映画を英語音声で見るのも鉄板

すでに日本語で見たことがある映画は使えないかもしれませんが、ディズニー映画はたくさんの有名作品・人気作品があるので、それを英語音声で見せるのもおすすめです。

おうち英語している子におすすめのディズニー映画はこちら。

・アナと雪の女王1&2
・モアナと伝説の海
・ラプンツェル
・シンデレラ
・リトルマーメイド
・アラジン
・トイストーリー
・カーズ
・ライオンキング
・ダンボ

DVD・ブルーレイも3000円台で購入できるし、金曜ロードショーでもたまに放映されるので、CMが気にならない人は録画して英語音声で見てもOK。

ディズニー映画のいいところは、英語自体は語彙もかなり多いし、話すスピードも早いけど、英語が分からなくても映像を見てるだけでも楽しめるから、子供が食い入るように見るってこと!笑

そして、映画のストーリーと連動した洋書絵本がたくさん売ってること!

映像で好きになった後に同じお話の洋書絵本も買うと、英語の絵本も楽しんで読んでくれるようになりますよ。

ディズニーの世界観そのままに、楽しく英語絵本多読や自力読みができるStep into readingシリーズについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

stepintoreading英語絵本おうち英語の挫折対策にStep into Reading!ディズニー絵本で多読や自力読みが楽しくできる

おうち英語で子供が嫌がる時の原因と対処法まとめ

とにかく、英語離れしている時期は教材を無理にこなしたり、無理やり子供に英語を話させようとすることよりも英語でしか味わえない好きな物を見つけて、子供が自ら「英語楽しい、見たい、やりたい」と思うようにしてあげることが重要です!

なので、まずは英語YouTubeやDVDを色々与えてみて、そこからお子さんのお気に入りを見つけてあげて、その動画と連動するおもちゃ・絵本に結びつけるのです。

英語でしか見れない動画だから、英語で見る。

英語でしか見れない動画のおもちゃ(絵本)だから、これで遊ぶ時だけは英語で話す。

そうして、子供の好きから徐々にまた英語を広げていけばいいんです。

高額な英語教材を買った方は、「教材を使わないなんてもったいない・・・」と思うかもしれませんが、それも今だけ。

英語への関心がまた戻ったら、徐々にまた英語教材に取り組み始めればいいので、今は「英語から離れないこと」「英語の好きを見つけてあげること(嫌いにさせないこと)」を最優先に考えてあげてくださいね!

リケジョママのメルマガに登録すると、このようなおうち英語で子供が英語を話せるようになるためにやるべきことや考え方などをお届けします。

登録特典「子供が英語を長いセンテンスで話せるようになるまでにやったこと」は読者様からも大好評なので、お見逃しなく!

\メルマガ限定最新情報や読者限定プレゼントはこちら/
リケジョママのメルマガに無料登録してGET

リケジョママ

メルマガ読者様限定で、おうち英語のお悩み相談も無料で受付け中です。