ワールドワイドキッズとディズニー英語両方試して教材内容がどう違うか比較しました

人気幼児英語教材のワールドワイドキッズとディズニー英語システムの教材はどう違う?

両方試してたので、それぞれの対象年齢や最終到達目標、各社のメリット、途中で挫折しない(子供が飽きない)ための工夫がされているかどうかなどを徹底的に比較しました。

教材内容ではなく各社のシステムや制度・料金等の比較はこちらをご覧ください。

CHECK5分で比較!ディズニー英語システムとワールドワイドキッズの違い

比較1.キャラクター

  • ディズニー英語システム
    →ディズニーキャラクター
  • ワールドワイドキッズ
    →カラフルな動物達

ディズニー英語システムのキャラクター

ディズニー英語システムは、言わずと知れたミッキー、ミニー、ドナルドなどのディズニー定番キャラクターです。ディズニー好きにはたまらず、即決でこちらになりそうですね。

ただ、DVDは初版が1978年に作られていて映像が古いので、昔のミッキーが登場します。最近のミッキーが登場すると思っていると、少しがっかりするかもしれません。

ワールドワイドキッズのキャラクター


出典:Worldwide Kids

ワールドワイドキッズのキャラクターは、主役がカラフルなオレンジ色の猫「ミミ」、他にミミの弟「マニ」、友達「ジジ」「ペピ」の合計4人。

知名度はありませんが、老舗幼児教育のエキスパートのベネッセだけあってすごくよく考えられて作られたキャラクターです。

まず、ミミとジジは同音2語。これって子供が一番最初に話しはじめる言葉ですよね。

幼児向けの英語なので、小さい子供でも呼べて親しみやすい名前がつけられています。

1歳で話せるようになった英単語一覧はこちら
CHECK1歳がワールドワイドキッズ半年で話せるようになった20の英語とその方法

またキャラクターの色も、オレンジ、黒、黄色、蛍光の水色とどれも派手で鮮やかな色ばかりです。

これも、小さい子供はカラフルな色を好むという特性に合わせて興味を持てるようにされています。

比較2.対象年齢と最終目標

  • ディズニー英語システム
    →12歳までに英検2級合格
  • ワールドワイドキッズ
    →6歳までに6歳のネイティブレベル

ディズニー英語システムの対象年齢と最終目標

ディズニー英語システムは12歳までと比較的長いスパンの学習で、英検2級合格を目指します。

優秀な子は12歳になっていなくても合格している子もいるようです。

英検2級合格を視野に入れているということで、リスニング、スピーキング能力を鍛えるだけでなく、読み書きを練習するような内容も含まれています。

ただ、読み書きは学校でも教えてくれますし、12年間というのは結構長いのでそれまでずっと同じ教材を飽きずに使い続けるのは難しいようで、子供が見てくれなくなった、挫折したという話はよく聞きます。

2020年から変わる学校での英語教育はこちら
CHECK2020年学校英語教育改革の内容と子供の習い事人気ランキングの変化

ワールドワイドキッズの対象年齢と最終目標

ワールドワイドキッズは6歳、いわゆる小学生に上がるまでの期間に話す・聞く力を中心に身につけて、同じ6歳のネイティブの子供と同じように会話したり遊んだりできるようになるのを目標としています。

なぜ6歳までとしているかというと、幼稚園のうちは小さい頃から見せていれば素直に英語のDVDや絵本を見てくれていても、小学生になるとより自我が強くなり、妖怪ウォッチ、プリキュアなど他に好きな番組やキャラクターが出てきてしまうもの。

そんな中で継続するのは難しいため、小学生になったら自分の好きなものの洋書、洋楽、DVDを見せてさらに語彙力アップさせる方がいい、という考え方からあえて6歳までなんだそうです。

それにとても納得したので、私は無駄がないようワールドワイドキッズの方に入会することにしました。(ディズニー英語システムは体験のみで終了)

CHECK私が数ある英語教材からワールドワイドキッズに入会を決めた5つの理由

ちなみに小学校に入ってから自分で選んで使う教材としては、ディズニー映画(アニメ)の英語版やディズニー挿入歌の洋楽が人気だそうです。

比較3.各教材のメリット

  • ディズニー英語システム
    →純粋な発音のみで構成
  • ワールドワイドキッズ
    →フォニックスを導入

ここでは共通の特徴は省き、比較できるようにどちらかにしかないメリットをご紹介します。

ディズニー英語システムのメリット


出典:「ディズニーの英語システム」

ディズニー英語システムのDVDやCDは、正しくきれいな発音のみ

どういうことかというと、訛りがない標準語だったり、洋楽などのように曲のテンポに合わせて本来伸ばすところを縮めたりといったことがありません。

せっかく英語の音楽や会話を聞いていても、間違った発音のものでは間違ってインプットしてしまうので、ディズニーで登場するのは大人から子供まで厳しい発音審査に通過した人のみなので安心してインプットすることができます。

教材自体も勉強になるものが多いですが、その分子供だけでは消化しきれないので親も熱心に関わっていく必要があります。

ワールドワイドキッズのメリット


出典:Worldwide Kids

ワールドワイドキッズには、フォニックスのコーナーがあります。フォニックスとはつづりと発音の規則性のことで、要は「このつづりはこう発音する」ということが学べます。

そのため、今後知らない単語に遭遇したとしても、自分で考えて発音できるようになります。

ちなみにフォニックスは最近の英語圏の初等教育でも重要視されてきているそうです。

ワールドワイドキッズを実際に使用した効果が知りたい方はこちら
人気ワールドワイドキッズ口コミ!たった3ヶ月で驚きの3つの効果とは?
おすすめワールドワイドキッズを半年使用した子供の6つの英語効果を大公開

比較4.途中で挫折しないための工夫

ディズニー英語システムの工夫

ディズニー英語システムは、公式HPも営業の人もとにかくいい教材であること力説しており、実際にとてもいいのだと思いますが、飽きずに長く続けられる工夫は特にされていません。

というのも1978年に初版が作られて、その後ほとんど改良されていないので(すでにベストという自信からかもしれませんが)、映像も古く時代に合ってなくてあまりおもしろみはありません。

そのため、実際に教材を購入した人の口コミを見ても「途中で見なくなってしまった」「挫折」という言葉を多く目にします。

オークションや中古販売でディズニー英語システムの教材がよく出回っているのもそういった理由からでしょう。

ワールドワイドキッズの工夫

ワールドワイドキッズは幼児教育のエキスパートであるベネッセの教材だけあって飽きない工夫はされています。

そもそも対象年齢を他に興味がいってしまう前の6歳までに設定しているのでハードルは低く、さらにDVDの各コーナーはいろいろな年齢の子供が興味を持つものを織り交ぜてあります

たとえば、1歳の時にハマるのはコーナー1だけど、5歳の時にハマるのはコーナー7といったように興味のあるコーナーが移り変わっていくので6歳まであまり飽きずに見続けられると評判です。

また、各コーナー2~3分と短いのも特徴。

長くダラダラしていると飽きてしまうので、飽きる前に次のコーナーに移ることでずっと集中して見ていられるように工夫されています。

ワールドワイドキッズの効果的な学習方法はこちら
CHECKワールドワイドキッズで後悔・失敗しない効果的な教材の使い方

最終的には無料DVDの子供の反応で決める

それぞれの英語教材の比較をしてきましたが、どんなにいいものでも子供が見てくれなかったり使ってくれなかったら意味がありません

どちらも無料英語DVDを請求できるので、実際に子供に見せてみて最終的には子供の反応で決めるのが一番だと思います。(どちらも気に入ったら、ぜひこの記事の特徴の違いを参考にしてみてください。)

ディズニー英語システムの無料サンプル

英語DVD、CD、絵本、お風呂に貼れるABCポスターがすべて無料で貰えて試せます。

【無料プレゼントはこちら】
「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント(公式サイトへ)

ワールドワイドキッズの無料サンプル

英語DVD+抽選で当たった教材が無料で試せます。

【無料プレゼントはこちら】
ワールドワイドキッズプレゼントキャンペーン(公式サイトへ)

ワールドワイドキッズの入会を考えると必ず同じベネッセのこどもちゃれんじEnglishとどちらがいいか迷うので、こどもちゃれんじEnglishも一緒に請求して子供の反応を見ておくといいです。

こどもちゃれんじEnglishのしまじろうが歌って踊る無料英語DVDはこちら↓(対象年齢1歳~ですが0歳でも1歳指定で請求可)

「こどもちゃれんじEnglish」英語DVD無料プレゼント!(公式サイトへ)

英語教育まとめはこちら
早期英語教育まとめ!始める時期、幼児英語教材・英会話教室比較・口コミ