赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?塗らない場合代わりになる日焼け対策は?

赤ちゃんに日焼け止めを塗るべきなのかどうか、疑問に思ったことはありませんか?

暑くなってくると自分はもちろん、大事な赤ちゃんの日焼けも気になるものの、肌によくないのであれば無理してまで日焼け止めを塗りたくないですよね。

今回は、赤ちゃんには日焼け止めは必要なのか、必要な場合はいつから安全に使用できるのか、そして日焼け止め以外の日焼け対策とうっかり日焼けしてしまわないための絶対やってはいけない誤ったベビーケアをご紹介します。

帽子のサイズ選びに悩んだら
CHECK0歳~6歳の帽子サイズ平均!子供が帽子を嫌がる時の対処法は?

赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから使用できる?

赤ちゃんの皮膚は大人の2分の1の薄さで肌はとてもデリケート。

月齢が低いほど肌が弱く、より紫外線の影響を受けやすいので、年々強くなってくる紫外線のダメージから守るためにも日焼け止めは塗ってあげた方がいいようです。

日焼け止めを塗らずに強い日差しを浴びすぎると、やけどや水膨れができてしまったり、すぐに症状が出なかった場合でも10年以上経ってから免疫力の低下や皮膚がんになるリスクが高まるとされています。

ただし新生児期は特に肌が敏感なので、一般に日焼け止めを塗るのは生後3ヶ月以降が望ましいといわれています。

お出かけ時にあると楽できるアイテムはこちら
CHECK買わなきゃ損!子連れのお出かけで苦労しないための神アイテム7選

日焼け止めを塗らない場合の日焼け対策

生後3ヶ月以降の日焼け止めが塗れる月齢のお子様の場合は、以下の記事で人気の日焼け止めを徹底的に比較・検証しているので参考にしてみて下さい。

CHECK人気の子供用日焼け止めを徹底検証!塗りやすさ、使用感、肌への優しさ、焼けにくさ、コスパ比較

では、生後3ヶ月以前の日焼け止めを塗れない期間はどのように日焼け対策をすればいいのでしょうか?

以下のように、直接足に日差しが当たらないようにする日焼け対策であれば、赤ちゃんに負担もなく安全にできるのでおすすめです。

  • ベビーカーで外出する時にはサンシェードを伸ばす
  • ベビーカーではおくるみを足にかける
  • レッグウォーマーやトレンカを履かせる

私が愛用しているイギリス皇室御用達で大人気のエイデンアンドアネイのおくるみ

⇒楽天で見る ⇒Amazonで見る

私が使用した月齢が低くても履けて脱げにくいトレンカはこちら

⇒楽天で見る (Amazonなし)

ベビー服や靴のサイズアップのタイミングはこちら
CHECKベビー服70・80はいつまで?おむつM・Lへのサイズアップのタイミング全部教えます
人気子供の靴のサイズ平均!サンダルやブーツのデメリットと失敗しないための注意点

ちなみに最初はおくるみではなくUVカット用のひざ掛け?のようなものがないか探してみましたが、需要があまりないのか商品自体少なく、かなり割高。

おくるみも折り曲げて4重になれば日よけになると思い、こちらのおくるみでのガードに落ち着きました。

実際、街中でもほとんどの方がベビーカーにおくるみでひざ掛けをしている光景をよく見ます。

赤ちゃんも使える日焼け止め代わりになるベビー用品

実は、生後3ヶ月までの日焼け止めが使用できない月齢の小さい子供にも使える、日焼け止めの代わりになるアイテムがあるんです。

アトピタの保湿クリームには、あまり知られていませんが紫外線反射微粒子パウダーが配合されているので、ゆるやかではありますが紫外線防止効果があります。商品パッケージの裏面に記載されていました。

もちろん紫外線吸収剤は未使用なので生後0ヶ月から使用可能で、メインは保湿クリームなので保湿しながら日焼け防止ができるので、月齢が小さい時はもちろん、1歳2歳になってからでも日焼け止めを塗ろうか迷うぐらいの時などに重宝します。

アトピタ ベビークリームを
⇒楽天で見る ⇒Amazonで見る

ちなみにこのアトピタの保湿クリームは保湿のバランスが優れていて、乳児湿疹にも劇的な効果を発揮します。詳細は以下の記事で紹介しています。

CHECK出会えてよかった!乳児湿疹が劇的に改善した神アイテム2選

うっかり日焼けを防ぐために絶対やってはいけないケアとは?

多くの人が気づかないうちにうっかりやってしまう、逆に赤ちゃんが日焼けしやすくなるベビーケア。それは、乾燥肌を治すために朝、ヴァセリンやプロペトで保湿することです。

さすがに真夏にヴァセリン・プロペトを塗るママはいないと思いますが、季節の変わり目で乾燥がひどくなる春先~初夏には、やっていたという方もいるのではないでしょうか。

もしされている方は、ただちにやめた方がいいです。

知り合いの薬剤師に聞いた話ですが、

薬剤師

油焼けで日焼けしやすくなってしまいますよ。

とのこと。考えてみれば、日焼けするために塗る「サンオイル」も、油ですよね。

まだまだ先と思っていた紫外線も、実は5月頃には一番紫外線の強い時期に入っています。

この時期からは、外出時に日焼けしてしまわないためにも、乾燥がひどくてもヴァセリンやプロペト等の油を塗るのは夜のみにし、朝は保湿クリームのみにする方がいいですよ。

プールや海外旅行に行くなら
CHECK0歳・1歳・2歳の浮き輪の選び方!足入れ浮き輪VSアームリング(腕浮き輪)どちらがおすすめ?
人気子連れグアム・ハワイ旅行を10倍楽に過ごすために持って行くべき物8選

以上、赤ちゃんにはいつから日焼け止めが必要かと間違ったベビーケアの紹介でした。