rikejo.netとは?

チャイルドシート・ジュニアシート・ブースターの違いと使用可能期間

赤ちゃんを車に乗せる時に装着が義務づけられているチャイルドシート。

子供が成長してシートベルトがきつそうだったり小さくなってきたなと思ったりしたら、次は「ジュニアシート」を使うようになります。

この記事では、ジュニアシートはチャイルドシートとどう違うのかジュニアシートとブースターシートの使い分け方、またジュニアシートが法律上義務となる年齢と実際にはいつからいつまで必要か、ジュニアシートの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

チャイルドシートとジュニアシートの違いは?


出典:Amazon

対象年齢の違い

  • チャイルドシート:1歳~4歳
  • ジュニアシート:3歳~11歳

理系女子ママ

新生児から1歳頃までの後ろ向き装着可能な乳児向けシートは「ベビーシート」といいますが、大抵チャイルドシートと兼用です。

ただし、対象年齢とは別に目安の身長・体重も設定されています。

 種類  身長  体重
ベビーシート70cm以下10kg未満
チャイルドシート65cm~100cm9kg〜18kg
ジュニアシート100cm~140cm15kg~36kg

ジュニアシートの対象年齢である3歳でも、身長100cm・体重15kgに達していない場合もあるので要注意です。

ただ、私は身長・体重の目安を見落としていてジュニアシートを買ってしまいましたが、3歳過ぎで身長95cm、体重12.6kgの娘でも特に問題なく乗れています。

理系女子ママ

冬場はコートなど上着を羽織っていてシートベルトがきつめになるので、その影響もあるかもしれません。

※購入は自己判断でお願いします。

シート本体の重量の違い

  • チャイルドシート:5~6kg
  • ジュニアシート:3~4kg

メーカーによって多少の差はあると思いますが、ざっと見たところ大体このような重さになっていました。

やはりチャイルドシートの方がクッションがたくさんついていたり、頑丈な作りになっている分チャイルドシートの方がジュニアシートより約2kgぐらい重いです。

ジュニアシートは軽くて形状も薄いので、ママ一人でも軽々車へ持って行けます。

また車内への取り付けも、チャイルドシートは説明書を片手に見ながら設置しないとできないぐらい複雑で手間がかかりますが、ジュニアシートはほぼ置くだけなので簡単に取り付けられます。

シートベルトの違い

  • チャイルドシート:チャイルドシートのシートベルト
  • ジュニアシート:車内のシートベルト

チャイルドシートの場合はシート本体付属のシートベルトを着用しますが、ジュニアシートにはシートベルトがついておらず、車に装備されている大人用のシートベルトを上からかぶせて着用します。

価格の違い

  • チャイルドシート:1万円~5万円
  • ジュニアシート:5,000円~17,000円

チャイルドシートは安いものでも1万円以上し、ベビーシート兼用で回転式など機能がつけばつくほど高価になります。

一方、ジュニアシートはチャイルドシートに比べて作りが簡易になっている分安く、一部メーカーで1万円を超えるものもありますが、ほとんどはブースターシート兼用のものでも1万円以下で購入できます。

MEMO
1歳~11歳まで使用できるチャイルドシートとジュニアシート兼用の商品もありますが(その場合はベビーシートの機能はなし)、兼用の商品の価格はそれぞれの間ぐらいです。

ジュニアシートとブースターシートの違いは?


出典:楽天市場

ブースターシートとは?

ブースターシートは、写真のようにジュニアシートのヘッドサポートや背もたれがないバージョンです。

ある程度大きくなってきてジュニアシートは必要なくなってきたものの、足りない身長を補うために使用します。

ブースターシート単体で買う場合はジュニアシートよりかなり安く、1500~4000円程度で買えます。

ジュニアシートとブースターシートの使い分け方

ジュニアシートはブースターシート兼用のものが多いので、3歳頃にジュニアシートを買って子供が大きくなったら背もたれを取り外し、その後ブースターシートとして使用するのが一般的です。

一方で、ブースターシート単体で売っているものは対象年齢3歳以上としていますが、保育園・幼稚園児のうちは車の中で寝てしまった時に首がグラグラしたり、体が小さくシートベルトをすり抜けて倒れてしまう恐れがあるので、小学生になるまではジュニアシートの方が無難です。

実際にジュニアシートとブースターシート兼用のもののブースターモードにする目安も身長125cm~、6才頃~にされています。

ジュニアシートはいつからいつまで使う?法律義務は何歳まで?

チャイルドシートの対象年齢が1歳~4歳、ジュニアシートの対象年齢は3歳~11歳なので、通常3歳過ぎのチャイルドシートがきつくなった頃からジュニアシートを使用します。

ちなみに、道路交通法でジュニアシート着用義務があるのは6歳未満まで

とはいえ、実際に6歳=小学校に上がった頃からすぐジュニアシートを外す子供はほとんどいません。

車のシートベルトは、最低140cm以上ある人(≒小学4年生の平均身長)を想定して設計されているので、小学1年生ではまだ身長が足りません。

着用義務はなくても、安全のために身長が140cmに達するまではジュニアシートもしくはブースターシートをつけた方が安心です。

ジュニアシートの選び方やおすすめは?

ジュニアシートはチャイルドシートに比べて安価ですが、その分安いものを選ぶと作りが簡易的すぎてクッションがほとんどない=固くてお尻が痛くなるなんてことも。

一方で、乳児から幼児へ成長したことであると便利なドリンクホルダーや食べこぼしなどの汚れを洗濯で丸洗いできるウォッシャブル機能、成長に合わせたヘッドレストの高さ調整機能などメーカーごとにそれぞれ工夫されています。

私もジュニアシートを購入する際に色々なメーカーの値段・機能を比較し、最終的にグレコのジュニアプラスDX(キティバージョン)を購入しました。

※キャラクター違いで他にマイメロディミッキー(アカチャンホンポ限定モデル)もあります。

グレコの人気ジュニアシート、ジュニアプラスとジュニアプラスDXの比較、DXを購入した理由、実際に使用してみた感想は、『グレコジュニアプラスとDXの違いは?DXを選んだ理由と使用レビュー』で詳しく紹介します。