歯科衛生士が選ぶ!子供の年齢別フッ素濃度が高いおすすめ歯磨き粉・ジェル

市販の子供用歯磨き粉はフッ素濃度が記載されていないものが多く、「フッ素配合」「フッ素入り」と表示されていても濃度が100~300ppm程度しかないものもあると知っていましたか?

せっかくのフッ素配合歯磨き粉でもフッ素が少ししか入っていないものなんて意味がないので、歯科衛生士から市販の歯磨き粉でフッ素濃度が高い、おすすめの子供用歯磨き粉を教えていただきました。

今回は、そもそも赤ちゃんにはいつから歯磨き粉が必要か、そして歯科衛生士の独自調査によるうがいできない赤ちゃん・うがいできる幼児・小学生向けの年齢別おすすめフッ素入り歯磨き粉をご紹介します。

CHECK!歯磨きを激しく嫌がる子供が別人のように大人しくなる3つの方法

赤ちゃんに歯磨き粉は必要?いつから使う?

歯磨き粉の使用は、歯が6本ぐらい生えてきて離乳食も完了する1歳頃からが推奨されています。

※0歳でも歯が生えるスピードには個人差があるので、生えるのが早くて離乳食の食べかすが気になる方は、赤ちゃんにも使える「Brian(ブリアン)」という善玉菌使用の粉状歯磨き粉もあります。

1歳を過ぎると砂糖(糖分)の摂取量も増えてくるので、フッ素入りの歯磨き粉を使用して虫歯予防をすることが大切です。

ただし、うがいができるようになるのは平均2歳頃。

1歳のうちはまだうがいできないので、飲み込んでも安全な成分で作られていてうがいなしでも大丈夫なジェル状の歯磨きジェルを使用します。

フッ素配合歯磨き粉の効果を最大限引き出すうがいの仕方はこちら
CHECK!子供のフッ素歯磨き粉の効果を最大限引き出すうがいの方法by歯科衛生士

うがいできない乳幼児(1歳・2歳)におすすめの歯磨きジェル

ピジョン親子で乳歯ケアジェル状歯みがきぷちキッズ

POINT
  • フッ素濃度:500ppm

うがいできない子供に使用する歯磨きジェルは、そのまますべて飲み込んでしまうことになるのでフッ素濃度500ppm以下が望ましいとされています。

こちらのピジョン親子で乳歯ケアジェル状歯みがきぷちキッズは使用できるフッ素濃度上限ギリギリの500ppm。

同じピジョンでも「ぷちキッズ」ではない方のピジョン親子で乳歯ケアジェル状歯磨きは、フッ素濃度100ppmしかないので間違えないようにご注意ください。

ピジョン親子で乳歯ケアジェル状歯みがきぷちキッズを
⇒楽天で見る ⇒Amazonで見る

CHECK! こどもちゃれんじぷちで学べる1歳2歳の12のしつけと生活習慣

うがいできる幼児(2歳~5歳)におすすめの歯磨きジェル

クリニカKid’sジェルハミガキ

POINT
  • フッ素濃度:960ppm

うがいができるようになってから小学生になるまでの幼児・園児のフッ素濃度上限は1000ppm

そのため、うがいできる2歳~5歳までの子供が使う歯磨きジェルは、クリニカキッズジェルハミガキがフッ素濃度960ppmと高くておすすめとのことです。

歯磨きジェルの原材料・成分も、フッ素以外は食品使用成分と同様の成分で作られているということなので、万一飲み込んでしまった場合でも安心です。

CHECK
原材料・成分
・湿潤剤…ソルビット液、グリセリン、PG
・香味剤…香料(グレープタイプ)、キシリトール
・粘結剤…CMC・Na/粘度調整剤…カラギーナン、ポリアクリル酸Na/pH
・調整剤…クエン酸Na、クエン酸
・薬用成分…フッ化ナトリウム(フッ素)/安定剤…グリセリン脂肪酸エステル

※こちらも同じクリニカキッズにジェルハミガキではないクリニカKid’s ハミガキがありますが、そちらはジェル状ではない普通の歯磨き粉で幼児・園児にはまだ辛いのでご注意ください。

クリニカKid’sジェルハミガキを
⇒楽天で見る  ⇒Amazonで見る

小学生以上(6歳~大人)におすすめの歯磨き粉

クリニカ アドバンテージ

POINT
  • フッ素濃度:1450ppm

小学生(6歳以上)になるとフッ素濃度1450ppmと一番フッ素が多いクリニカアドバンテージがおすすめです。

大人の歯磨き粉にはあまりフッ素が入っていないので、虫歯になりやすい小学生はこちらを使用する方がいいです。

味は、ソフトミント、シトラスミント、クールミントの3種類でどれもフッ素濃度は同じですが、シトラスミントやクールミントは子供には辛いので、マイルドなソフトミント味が小学生にはおすすめです。

クリニカアドバンテージ ソフトミント味を
⇒楽天で見る ⇒Amazonで見る

以上、歯科衛生士が選ぶ!子供の年齢別おすすめフッ素配合歯磨き粉でした。

おすすめ1歳半健診の言葉の平均は?言葉が出ない、遅い時やるべき4つの対策