ジンボリーとマイジム徹底比較! 英語と体操が同時にできる幼児教室の違いとおすすめは?

幼児教室を探される上で、ガチガチの英才教育というより体を動かしたりして感性を磨きたい、どうせなら英語もやらせたい、と思われた方が最終的に行きつくのがジンボリーとマイジム

しかしどちらも英語教室体操教室を兼ねた0歳の赤ちゃんから通える幼児教室で、東京・神奈川をメインに教室を展開、ととてもよく似ていて違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

私は実際に両方の教室に体験に行ってきたので、レッスン内容、クラスの雰囲気、先生、英語量、料金(月謝)、休みの振り替え、レッスン時以外の遊具使用に関してそれぞれ違いを細かく比較しました。

※私が体験したのは、ジンボリーが広尾校、マイジムが豊洲校で、どちらも体を動かす月齢10ヶ月向けのクラスです。

幼児教育に関する記事目次はこちら
⇒幼児教育まとめ!こどもちゃれんじ・ベビーくもん・ディズニー英語システム・ワールドワイドキッズ・知育おもちゃ他

レッスン内容

ジンボリー

ジンボリーは大型遊具を使って親子で自由に遊びます。イメージは雨でも行ける室内の大きい公園という感じ。

運動だけでなく、シャボン玉を飛ばしたり、バルーンで遊んだりするので、楽しんで遊びながら感性も磨けそうです。

マイジム

マイジムは実際に鉄棒に数秒ぶら下がったり、かなり急な坂道を登ったり下りたりと、月齢のわりにかなり本格的な体操教室という感じでした。

もちろん先生の補助ありなのでご安心を。通うと身体能力が高まりそうです。

クラスの雰囲気

ジンボリーは幼稚園のような和やかな雰囲気で、マイジムはアメリカンスクールのようなノリノリの雰囲気でした。

ジンボリーはシャイな方、大人しめの子供も行きやすく比較的オールマイティーであるのに対し、マイジムは元気な子供、ノリのいい子に育てたい、小さい頃からアメリカンなノリに触れさせたいという方向けに感じました。

先生

ジンボリー

ジンボリーは大勢の生徒に対し、先生は1人で所々声をかけていく感じ。(写真では3人移っていますが、実際にはクラスに1人です。)

みんな明るくてフレンドーな先生ばかりです。

ちなみにレッスン中に先生が歌を歌ってくれるのですが、それがかなりの美。何度も聞きほれてしまいました。

歌声も採用基準にあるのかもしれません。(もしかしたら音楽クラスと兼任されてるのかも?)

マイジム

より本格的な体操教室であるマイジムは、補助が必要なためか先生がクラスに2人いました。

高度な体操をする時に意思伝達ができないと困るため、基本ネイティブですがどちらかの片方の先生は日本語も一応理解できます

2人先生がいると先生と会話する機会も多いので、ジンボリーより先生と親密になりやすいです。

先生はみんな明るいですが、アメリカンのノリでハイテンションです。

英語量

ジンボリー

ジンボリーは、先生が流暢な英語を話されますが、親向けの説明としてその後日本語でも説明してくれます。

またガチガチの英語ルールもないので、レッスン中に親が子供に話す時も日本語が飛び交っています。

小さい頃に「英語耳」を作りたいというだけならいいですが、親子ともに「英会話能力の向上」目的で通うには、少し物足りなく感じるかもしれません。

マイジム

マイジムは、レッスン中基本的に日本語禁止。(英語話せなくて分からない場合は聞けば教えてくれますが、一言程度)

親子ともに英会話力はかなり鍛えられそうですが、毎回レッスンの最初に親がみんなの前で一人ずつ「自己紹介+質問への一言回答」を英語で話すので、英語話せないママ、苦手意識のあるママにとっては少しストレスもしれません。

※質問内容は前の週に宿題として教えてもらえます。

割合でいうと、ジンボリーが英語4~5割、マイジムが英語9~10割といったイメージです。

料金(月謝)

どちらも入会金はキャンペーンで大抵無料になり、月謝は約2万円とさほど変わりませんが、ジンボリーは6ヶ月継続ごとに少しずつ値引きされます。

また、マイジムは月齢が一つ上のクラスからユニフォームやカバンを別途購入しないといけないので、トータルコスト的にはマイジムの方がかかりそうです。

ちなみに体験料に関しては、ジンボリーは入会有無に関わらず無料、マイジムはその場で入会すれば無料ですが、入会しなかった場合は5400円支払う必要があります。

休みの振替え

ジンボリー

ジンボリーは、レッスン開始30分前までに連絡すれば回数制限なく3ヶ月間の間に振替え可能、とかなり柔軟に対応してくれます。

また、運動クラスを音楽クラスに振替えることもできるので、運動クラスも音楽クラスもどっちも気になるという方は毎月半々で受けたりすることも可能です。

マイジム

マイジムは基本的に休む場合は前日17:00までに連絡しないといけませんが、急な体調不良等の場合、月1回までであれば当日キャンセル可能です。

残念ながら、運動クラスを音楽クラスに振替えることはできないようです。

レッスン以外の遊具・器具使用

ジンボリーにはプレイジム、マイジムにはジャングルタイムといったレッスン以外の時間に遊具や器具を自由に使える時間がそれぞれあります。

それが回数制限なく1ヶ月の間に何度も来れるということはどちらも同じです。

ジンボリーは先生がつかずレッスンが入っていない時間はすべて使用可能なのでその時間が週20回程、最長4時間あります

マイジムは必ずその時間に先生が1人入ってくれて英語で話したり運動の補助をしてくれるのはいいのですが、その時間自体が週3回、1時間程度しかないため、時間が合わないとなかなか来れないかもしれません。

まとめ

ジンボリー、マイジムのそれぞれの特徴・違いからどちらがどんな人におすすめかまとめました。

ジンボリー

  • ガチな体操教室というより、とにかく楽しみたい
  • 本格的なネイティブの英語には触れたいけど、オールインイングリッシュなのは少し不安
  • 親または子供がシャイ、またはアメリカンなノリは苦手
  • 運動以外の音楽やアートのクラスも気になる
  • 体調を崩しやすく振替えは柔軟な方がいい
  • レッスン以外でも雨の日の公園代わりに使いたい

マイジム

  • 本格的な体操教室を探している、身体能力を高めたい
  • 幼児英語教室として通いたい
  • 元気、やんちゃな子供、男の子
  • アメリカの雰囲気を小さい頃から味わわせたい

今なら、以下の2社から英語DVDが無料で貰えます。

こどもちゃれんじEnglish

子供が大好きなしまじろうが歌って踊る英語DVDが無料で貰えます。(対象年齢2歳~ですが年齢関係なく請求可)

「こどもちゃれんじEnglish」英語DVD無料プレゼント!(公式サイトへ)

ディズニー英語システムからのプレゼント

 英語DVD、CD、絵本、お風呂に貼れるABCポスターがすべて無料で貰えて試せます。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント
(公式サイトへ)

CHECK!ディズニー英語システム自宅でわくわく英語体験!2時間の体験内容と勧誘の断り方

ディズニー英語システムVSワールドワイドキッズ10項目徹底比較!口コミ・評判・体験から違いを検証

私が数ある英語教材からワールドワイドキッズに入会を決めた5つの具体的な理由

以上、英語と体操が同時にできる幼児教室のジンボリーとマイジム徹底比較でした。

こちらの記事もよく読まれています

↓シェアいただけると嬉しいです!