英語を話せないママが子供をバイリンガルに育てる方法>>

英語多読は紙の絵本と電子書籍どちらがいい?メリット・デメリット比較とおすすめを紹介

紙の英語絵本と電子書籍比較

おうち英語での英語絵本多読、紙の絵本と電子書籍どちらを使われてますか?

特にお子さんがまだ小さい方だと「絵本は絶対紙派!」って人もいれば、「電子書籍使ってからは、便利すぎてやめられない」って人もいると思います。

実際、おうち英語歴3年半で現在娘5歳の私も、電子書籍を使ってみるまでは

リケジョママ

絵本はやっぱり紙の絵本がいいな~

って思ってたんですが、娘が3歳の頃にネイティブ音声で自動的に読み上げてくれる洋書絵本の電子書籍の存在を知って試しに使ってみたら、

リケジョママ

何これめっちゃ楽じゃん!!笑

って、一気に電子書籍を見る目が変わりました(笑)

結論としては、紙の絵本も音声付きの電子書籍もそれぞれの良さがあるから併用して使ってるんですが、それぞれの違いを知りたい人や迷ってる人もいると思うので、今回は

  • 英語電子書籍のメリット・デメリット
  • 紙の英語絵本のメリット・デメリット
  • おすすめの英語絵本(電子書籍)
  • おすすめの英語絵本(紙)
  • 電子書籍・紙の絵本はそれぞれこんな人におすすめ

を紹介しようと思います。

電子英語書籍のメリット・デメリット

電子書籍のメリット

  • 絵本をタッチするだけでネイティブの朗読音声がすぐ聞ける
  • 子供一人でも読み進められて、親の手間がかからない
  • メダルGETやアバター機能など、ゲーム感覚で子供が興味を示しやすい
  • 本棚の場所をとらずにたくさんの絵本を所有できて、いつでも好きな絵本を読める
  • 帰省時や外出時もスマホやタブレット一つで、大量の絵本を持ち運べる
  • 子供の声を録音できて、自然と音読するように持っていきやすい
  • 同じ冊数を紙の絵本で集めるより、コスパよく多くの絵本を読める

電子書籍の一番いいところは、やっぱり親が英語の発音に自信がなくても、絵本を読む時に読みたい絵本のCDを探したり、子供が出遅れたりした時に巻き戻したりする手間がなくてめちゃくちゃ楽!

ってところですね。タッチすればすぐネイティブ音声が聞けるので。

そして読もうとしてる絵本の音源探したり、子供が自分で読む時も分からないところを教えなくていいから、食事の支度中や他の兄弟の相手をしている時など、子供一人で読み進められるのが便利です。

また、後述する電子書籍の定番であるラズキッズやORCでは、自分の声を録音して聞くことができるので、それが面白くて紙の絵本を嫌がる子供でもゲーム感覚で楽しめたり、自然とスピーキング練習になって音読に繋げられるというメリットもあります。

リケジョママ

あとは現実的な話でいうと、同じ料金で紙の絵本よりたくさんの絵本を読めるので、コスパは紙の絵本より断然いいです(笑)

電子書籍のデメリット

  • 子供が小さいうちは、スマホやタブレットを見せるのに抵抗を持ちやすい
  • ディズニーやPeppa pigなどキャラクターの絵本はない
  • 電波が悪い(ない)ところでは読めない
  • タブレット端末が必要
  • 個人では直接購入できず、団体経由でしか利用できない

特に子供がまだ0歳や1歳の場合は、スマホやタブレットなどのデジタル機器に抵抗がある方や、視聴時間が気になる人もいると思うので、そういう人でたくさん読み聞かせしたい人は、紙の絵本の方が思う存分読めていいかもしれません。

リケジョママ

ちなみにうちの場合は電子書籍での読書は15分ぐらいしかやってないので、YouTubeとかの視聴時間に比べたら圧倒的に短いので、特に気にしてません。

スマホでも見れなくはないですが、動画を見せるのとは違って「文字を読む」のにはスマホでは小さく感じるので、私はタブレット端末で読むことをおすすめします。

当たり前ですが、電子書籍である以上スマホやタブレットなどのデバイスと通信環境が必要なので、持ち運びに便利とはいっても、地下鉄や飛行機など電波がない場所では読めないというデメリットもあります。

また、電子書籍は海外サイトから大量ロットでしか購入できないので、個人では直接購入できないのもデメリットですが、私が運営しているおうち英語オンラインサロンでは無料会員登録でORC・ラズキッズ・ヘッドスプラウトをご利用いただけます。

ご利用希望の方はこちら

【おうち英語オンラインサロンABCカル】ORC・ラズキッズ・ヘッドスプラウト利用可能

紙の英語絵本のメリット・デメリット

紙の英語絵本のメリット

  • 子供が好きなキャラクターの絵本を買える
  • ありとあらゆる国・出版社の絵本があり、種類が豊富
  • 赤ちゃんや小さい子供でも視聴時間を気にせずいくらでも読める
  • 本棚に工夫して置いておけば、目に入って手に取りやすい
  • 何回も同じ絵本を手に取って読むことで、その本を愛着がわきやすい
  • 通信環境を気にせずどこでも読める

紙の絵本のいいところは、Peppa Pig、Dr. SeussなどYouTubeの人気キャラクターや定番のディズニーキャラクターの絵本を買えるので、子供が好きなキャラクターで揃えたり動画と連動させたりできる点ですね。

電子書籍でも絵本は何百冊と読めますが、紙の絵本はアメリカ・イギリスなどいろんな国のいろんな出版社が出している数多くの絵本から選べるので、選択肢は相当多いです。

もちろん、紙なのでデジタル機器の影響や読書時間を気にしなくていいことや、本棚や壁など子供の目に入るところに置いて「見える化」することでいつでもすぐ手に取って読める点もいいところだと思います。

紙の英語絵本のデメリット

  • 発音に自信がない人は、CD付き絵本を探したりYouTubeの音源を探す手間がある
  • 文字が読めるようになるまでは、親が読んであげたり音源をかけたりと親の手が必要
  • どの絵本を買うべきか自分で探す必要があるので、それを楽しめない人にとっては大変
  • いろんな絵本を集めていくと高額になり、絵本貧乏になりがち
  • 絵本が増えてくると収納するスペースの確保が大変
  • 帰省・旅行時など持ち運びにはかさばって不便(数冊が限度)

ネイティブ音声がすべての絵本で聞ける電子書籍と違い、英語の発音に自信がないママにとっては、CD付きの絵本(割高)を探したり、YouTubeでネイティブが朗読してる動画を探さないといけない点はやっぱりかなり手間になります。

購入時にCDをPCにバックアップしてiTunesなどにアップロードしたり、YouTubeを探した保存するだけでなく、実際に読む時にもプレイリストから探す手間が発生します。

膨大な数の絵本からどれを買うか選べるので、逆にどれがいいか調べて探す時間も必要になったり、色々見ているうちにあれもこれも欲しくなって絵本貧乏になりがちです。

リケジョママ

私の場合、探すのは楽しくていいんですが、どんどん買い過ぎてちょっとお金使い過ぎたな・・・と思うことも時々あります(笑)

また、絵本がどんどん増えていくと、本棚を買い足したりどうやって全部収納していくか工夫していくことも、一見たいしたことないようで結構重要です。

おすすめの英語絵本【電子書籍】3選

おすすめの電子書籍1.Oxford Reading Club(ORC)


Oxford Reading Club(ORC)は、おうち英語やってる人ならほとんどの人が知ってる多読の超定番Oxford Reading Tree(ORT)※の電子書籍版。

※ORTはイギリスの国語の教科書としても使われています。

ORTのLevel1+~Level9の300冊全部が見れるだけでなく、さらに

  • Oxford Phonics World Readers
  • Oxford Read and Imagine
  • Oxford Read and Discover
  • Oxford Bookworms Library
  • Let’s Go Readers
  • Dolphin Readers
  • Dominoes
  • Classic Tales
  • Tick Tock! Readers
  • Read with Phinnie
  • Happy Readers

のオックスフォード大学出版局のレベル別リーダー600冊の合計1000冊の英語絵本が読み放題です。

さらに、電子書籍であるORCの方では、ただ絵本を読むだけでなく、5ステップリーディングで、①リスニング力、②リーディング力、③スピーキング力、④問題解決能力なども鍛えることができます。

基本的な機能は以下の6つ。

  1. ボキャブラリークイズ
    →言われた単語の絵を当てる四択クイズ
  2. リスニング機能
    →文字非表示で絵本を音のみで聞く
  3. リーディング機能
    →文字が表示されている絵本を自分で音読したり、読めない場合はタッチすれば音声で読み上げてもらうこともできる
  4. スピーキング機能
    →本文中の文を聞いた後復唱し、録音された自分の声を聞ける
  5. 内容理解問題
    →単語のスペル並び替え、話の順番並び替え、内容に関する簡単な質問文→3択回答など(絵本のレベルやシリーズによって問題は変わります)
  6. 英英辞典+英和辞典+単語帳
    →分からない単語を調べられて単語帳に登録できる

実際に私が娘と1年近く使ってみていいなと感じた点は、

  • 朗読音声が機械音っぽくなくナチュラルで読み聞かせにも◎
  • ネイティブ音声をアメリカ英語・イギリス英語に切替でき、5段階スピード調整できる
  • 文字なし→文字ありで聞くことでリスニング力・リーディング力の両方が鍛えられる
  • 単語クイズや並び替えクイズ等で絵本の内容理解を深められる
    (ORTのワーク代節約にもなる)
  • クイズが基本選択方式で間違えるとブーと鳴るので、難しすぎず幼児でも取り組みやすい
  • BGMがあるから、絵本嫌いな子供でもゲーム感覚で楽しくやれる
  • 音声を聞いてリピートする機能がデフォルトでついていて、やらないとメダルが貰えないのでDWEのTACのようにスピーキングの練習が自然にできる
  • ORT300冊+他600冊とたくさんの英語絵本が読めるのにORTだけ買うよりも安い

ORCとORTのコスパ比較やORCの無料体験は以下の記事をご覧ください。

オックスフォードリーディングクラブABCカルORC(Oxford Reading Club)をABCカル導入!多読の定番ORTがリーズナブルでゲームもできる

おすすめの電子書籍2.ラズキッズ


ラズキッズは、アメリカを中心とした英語を第一言語とする小学校などでリーディングの副教材として使われてるリーディングシステム。

AA~Z2と全29レベル(アメリカの幼稚園~小学5年生相当レベル)あり、400冊以上の絵本が読めます。

基本的な機能はこの5つです。

  1. 音声読み上げ機能(読んでる文字の色が変わる)
  2. リーディング機能(音なしで自分で音読する)
  3. 内容に関する英文選択問題
  4. 録音機能
  5. アバター機能

こちらも私が娘と一緒に使ってみていいなと感じた点は、

  • 音声が読んでる文字の色が変わるから、文字読みの練習に最適
  • ソーシャル・サイエンス系の絵本が豊富
  • 絵本の後の英文問題が長文読解になり英検対策になる
  • 読んだ後に貰えるスター(アプリだと画面上に星が降る)に子供が喜ぶ
  • スターを集めて作れるアバターに子供がハマる→アバター作りのために絵本を自主的に読ませやすい

実際にラズキッズの基本の使い方や文字読みの仕方、子供のやる気を引き出す効果的なやり方を図解付きで以下の記事で解説してるので、詳しくはこちらをご覧ください。

ラズキッズの使い方ラズキッズの使い方!ログイン方法から英語の読みが上達する活用法まで徹底解説

おすすめの電子書籍3.ヘッドスプラウト


文字読みの習得に重要視されてるフォニックスを楽しく学べるゲームが、ラズキッズのオプションサービスであるヘッドスプラウト。

上の動画はエピソード2で、フォニックスが初めてでも無理なく学んでいけます。

※エピソード42を5歳娘がやってみました↓

おすすめな人はこちら。

  • 子供にフォニックスを楽しく学ばせたい人
  • 子供がゲームが好きな人
  • 子供がまだ小さくて絵本は早いかな、という人

ラズキッズとヘッドスプラウトの比較は、こちらのページで紹介してます。

ラズキッズ共同利用募集2021ラズキッズ共同利用募集2021年!全レベル解放済みで英語多読のコスパNo.1電子書籍

おすすめの英語絵本【紙】3選

おすすめの英語絵本1.Read it yourself

まず私の一番のおすすめは、イギリスのlady bird社によるRead it yourselfシリーズです。

Level1~4まであり、絵本の内容はおとぎ話が中心ですが、YouTubeで人気のペッパピッグの絵本もあります。

おすすめポイントは、全体的にリズミカルで読みやすいセンテンスなのと、同じ表現が繰り返し出てくるので読みやすいし、表現も覚えやすい。

また、レベル1に関しては冒頭に登場人物の単語紹介や巻末にクイズが載ってるので、内容理解UPにも繋がります。

1冊400~800円から単品購入できるので、気軽に読みたい絵本だけ買いやすく、CDはついてないものの、YouTubeでタイトル検索すると外国人の朗読動画が出てくるので、私もそれを使ってかけ流ししてます。

おとぎ話の方の絵本の中身写真やあらすじなどは、以下の記事で公開しているので気になる方は見てみて下さい。

read it your self英語絵本中身Goldilocks and the Three Bearsを3歳音読!絵本内容と読めるまでにやったこと【動画あり】ugly duckling 絵本The Ugly Duckling絵本あらすじと感想!YouTube読み聞かせ動画も

おすすめの英語絵本2.Step into reading

Step into readingは、アメリカの多読絵本シリーズでレベル1~5まであります。

学習というより子供が楽しめるように作られている絵本で、ディズニーキャラクターの絵本もあるので、男の子でも女の子でも好きなディズニーキャラクターがある子に特におすすめです。

※トーマスなどディズニー以外のキャラクターや絵本もあり

Level1はかなり短文で、Level2から少しずつ文が長くなっていきます。

こちらも1冊500~800円台で好きな絵本だけ単品購入でき、CDはありませんがYouTubeで朗読動画が見れます。

Step into readingのレベル別絵本の中身比較写真やディズニーキャラクター別の絵本一覧は、以下の記事にまとめてるので、こちらをご覧ください。

stepintoreading英語絵本おうち英語の挫折対策にStep into Reading!ディズニー絵本で多読や自力読みが楽しくできる

おすすめの英語絵本3.I Can Read

I Can Readもアメリカの人気多読シリーズなので、アメリカ英語の絵本を探してる方におすすめです。

絵本やYouTube動画で人気のキャラクターである、

  • Biscuit
  • Pete the Cat
  • The Berebstain Bears
  • Frog and Toad
  • Pinkalicious
  • Fancy Nancy

の絵本もあるので、そのキャラクターが好きな子にもおすすめです。

レベルはMy Firstとレベル1~4がありますが、My Firstからレベル1になると一気に文章量が増えて差が大きいイメージです。

それぞれAmazonの試し読みで絵本の中身を確認できるので、見ていただくと分かると思います。

私は全部の絵本を持ってますが、個人的な一文の長さや話全体の長さの体感は、

My First I Can Read=Step into reading レベル1
<Read it yourself レベル1
<Read it yourself レベル2=Step into reading レベル2
<I Can Read レベル 1

という感じですね。(絵本の内容にもよると思いますが)

CD付き、CDなしの両方があり、Audible(オーディオブック)でも絵本の音声を聞けます。

AudibleとはAmazon Audibleでおうち英語かけ流し無料!PeppaPigなど人気オーディオブックが聞き放題

ちなみにI Can ReadにはPhonicsシリーズもあり、薄くて短文の絵本なのでフォニックスの文字読み練習にはいいのですが、こちらはCDやAudible・YouTube音源もほぼないので発音を確認したい方はご注意。

英語絵本の電子書籍VS紙の絵本比較まとめ

電子書籍がおすすめな人

  • 自分が英会話が得意ではない人、または発音に自信がない人
  • 忙しくて、絵本を探したり音源を探したりする時間がない人
  • 家事や兄弟の世話をしてる間に、子供に一人で絵本を読んでいてほしい人
  • とにかくコスパ重視で絵本にお金をかけすぎたくない人
  • おもちゃなどがすでにいっぱいあって絵本の収納スペースをあまり確保できない人
  • 帰省や外出時に荷物にならずに絵本を持っていきたい人
  • 子供が絵本は好きじゃないけど、ゲームなら好きな人
  • 子供に音読やスピーキングの練習をしてほしい人

紙の絵本がおすすめな人

  • 子供が0歳~2歳で、デジタルの絵本に抵抗がある人
  • 英語の発音には自信があって、自分で読み聞かせしたい人
  • Peppa Pigやディズニーなどキャラクターの絵本が欲しい人
  • 子供が興味を持てる絵本を自分で探したいor探すのが好きな人
  • タブレット端末を持っていなくて、買うつもりもない人
  • 同じ絵本を何度も読むことで、絵本に愛着を持ちたい人
  • 外出時には地下など電波が悪いところに行くことが多い人

リケジョママ

個人的には紙の洋書絵本と電子書籍はそれぞれ良さがあるので、用途によって使い分けるのがいいと思いますが、とりあえず違いが知りたい!って人の参考になれば幸いです。