子供の鼻吸い器徹底比較!一番鼻水がとれたおすすめの吸引器と大量に鼻水がとれるコツ

季節の変わり目や寒くなって風邪をひきやすい冬、子供が鼻水や鼻づまりで寝れない、夜中に起きる、寝かしつけが大変、と悩んだことがあるママも多いのではないでしょうか?

そもそも赤ちゃんや幼児に鼻水吸引器は必要なの?親が直接吸った場合のデメリットは?

そして、人気の鼻水吸引器を試した結果一番鼻水がとれたおすすめの鼻水吸引器とその使い方、うまく吸えない時の大量に鼻水を吸うコツをご紹介します。

寝かしつけが大変な方はこちら
CHECK!夜泣きをしない、寝かしつけもいらない最強のジーナ式スケジュール目次

鼻水吸引器は必要?直接親が吸うデメリットは?

昔は親が直接子供の鼻から鼻水を吸っていたようですが、いくら愛する我が子の物とはいえ鼻水が自分の口に入るのに抵抗がある方がほとんどではないでしょうか。

もちろん鼻水が口の中に入るので、言うまでもなく親にも風邪が感染するというデメリットもあります。

鼻水が口に入る不快感をなくす、風邪の二次感染を防ぐといった観点からも私は鼻水吸引器は必要だと考えます。

あくまで直接鼻水を吸うのは赤ちゃん用の鼻水吸引器がなかった時代の原始的な方法で、今でもネット上に直接吸う場合の吸い方が載っていますが、正直時代遅れです。

歯磨き粉やうがいで悩んだら
>>歯科衛生士が選ぶ!子供の年齢別フッ素濃度が高いおすすめ歯磨き粉・ジェル

一番人気「ママ鼻水トッテ」を使用した感想・口コミ

 

赤ちゃん用の鼻水吸引器を探した時、一番最初に目にするのが丹平製薬の「ママ鼻水トッテ」という商品だと思います。

耳鼻科の先生が考案、逆流しないためママの口に赤ちゃんの鼻水が入らないということで一見よさそうな商品です。

使い方も、赤ちゃんの鼻に片方のチューブの先を差し込み、もう片方のチューブをママが口にくわえて吸うと間にある容器に吸った鼻水が溜まるというごく簡単な方法です。

口コミでは「吸える」「吸えない」の賛否両論

実際に私も購入して使ってみましたが、確かに「ちゃんと吸えれば」逆流もせずいい鼻水吸引器かもしれません。

ただしこの「ちゃんと吸う」のがかなり難しく、嫌がって顔を動かす赤ちゃんをなんとか動かないよう抑えつけ、小さい鼻の穴にチューブを合わせ、さぁ吸うぞと息を吸う工程の間に赤ちゃんが動いてチューブがずれます

また、運よく吸えても赤ちゃんが動くまでの短い間に一気に強く吸わないといけない上、肺活量に自信がある人でなければ長く吸い続けることは難しいので、一呼吸して再び吸おうとする間に赤ちゃんが動いてチューブがズレます。

生まれてまもないほとんど動かない赤ちゃん相手であればうまく使える商品かもしれませんが、そもそもその時期はママの母乳からの免疫でほとんど風邪はひきません。

風邪など病気になるのは免疫力が低下してくる生後6ヶ月以降がほとんど。

その頃には赤ちゃんもじっとしていることはないので使用は難しいと思います。

私も買った後何度か使用しましたが、吸えてもごくわずかで吸うまでの労力・赤ちゃんの負担を考えると直にお蔵入りしました。

ママ鼻水トッテを
⇒楽天市場で見る ⇒Amazonで見る

次に試した鼻水キュートルの感想・口コミ

 

次に購入して試したのがチュチュベビーの鼻水キュートル。

こちらはさらに使い方がシンプルで、スポイトのような形状の容器の先を子供の鼻の穴に合わせ、持っている同じ手でポンプ部分を押すだけ。

鼻に入れると同時に指でポンプを押せるので、押すまでの間に赤ちゃんが動いてズレてしまうこともなく、疲れることなくスピーディに何度も押せる(=鼻水を吸える)のでたくさんとれます。

実際に使ってみると、ポンプを指で押したことで発生する吸引力は口で吸った時の吸引力より強いので、一度に吸える量がママ鼻水トッテより圧倒的に多かったです。

Amazonの口コミではあまり吸えないという口コミも見かけましたが、弁を必ず上に向ける、連打する時はポンプがきちんと戻ってから次を押す、の2点を必ず守れば吸えないどころか面白いほど大量に鼻水が吸えます。

お手入れに関しても、分解して洗えるので衛生的。

あえてデメリットを言うのであれば、分解して洗った時にかなり小さいパーツになるのでなくしそうということと、吸った鼻水が溜まってくると一度捨てないと弁から噴き出してくることぐらいです。

ただそれも、パーツに関しては洗った後すぐに小さい容器に入れて乾かす等すれば紛失を防げますし、長いチューブがないので途中で鼻水が溜まったままで不衛生ということもありません。

鼻水を溜める容器部分も、大きさ自体はママ鼻水トッテと同じぐらいなのでそれがいっぱいになるということはむしろたくさん吸えている証拠で、捨てるのもすぐに外してごみ箱に上で振るだけで簡単に落ちるので特に苦ではありません。

チュチュベビー鼻水キュートルを
⇒楽天市場で見る ⇒Amazonで見る

電動式の鼻水吸引器は?

 

電動式の鼻水吸引器の場合も、ママ鼻水トッテと同じです。

赤ちゃんの鼻にチューブを合わせ、機械のボタンを押そうと赤ちゃんから目を離した一瞬の隙に、もう赤ちゃんは動いてチューブは鼻からずれています

小児科や耳鼻科では、何人もの看護師に両手両足・顔のすべてが動かないようにがんじがらめに抑えつけられた状態なので電動の威力でしっかり鼻水が吸えるかもしれませんが、現実的には日中はママ一人でいることがほとんどです。

小児科・耳鼻科のように完全に動かないように抑えつけることはまず無理なので、高い-bold電動式の吸引器を買ってもお金の無駄です。

補足
電動式鼻水吸引器の価格は、通常1万円以上。高いものだと2万円台のものもあります。

実際、私の兄弟も電動式の鼻水吸引器を購入していたようですが、結局使えなくてお蔵入りになったそうです。

一番鼻水がとれた鼻水吸引器は?

ここまで読むともうお分かりかもしれませんが、一番鼻水がとれたおすすめの赤ちゃん用鼻水吸引器はチュチュベビー鼻水キュートルです。

ママ鼻水トッテや電動式鼻水吸引器も、実家暮らし等で常に複数人いる環境であればいいのかもしれませんが、ママ鼻水トッテは鼻水キュートルに比べて吸う威力が弱いのと、鼻水キュートルで十分すぎるほどたくさん鼻水がとれるので、わざわざ高い電動式を買う必要性もないかと思います。

鼻水吸引器は赤ちゃん時代だけでなく幼児期の間ずっと使えるので、長く使えるいいものを一つ持っておくといいと思います。

補足
私は鼻水キュートル購入後はずっと愛用し、少し前に1歳後半(2歳手前)の子供に使用しましたが、赤ちゃんの時と同様問題なく大量に吸えました。

チュチュベビー鼻水キュートルを
⇒楽天市場で見る ⇒Amazonで見る

赤ちゃんの鼻水に悩んでいる方はぜひ一度試してみてください。

CHECK!こちらもおすすめです
手足口病・ヘルパンギーナで夜寝ない、夜泣きする時の3つの原因と対処法!やってはいけない逆効果なことは?

こちらの記事もよく読まれています

↓シェアいただけると嬉しいです!