4歳で英語を長い文でスラスラ話せるようになった実践法を今すぐGET>>

英語を拒否していた小学生とも英語で会話のラリーが続くようになった成功例

英語拒否の小学生が兄弟で英語会話

おうち英語がうまくいかなくて悩んでる方から相談いただく内容って、

  • 英語を理解はしてるようだけど、自分ではなかなか話さない
  • 単語は言えるけど、文章では話せない
  • 決まったフレーズは言えるけど、その先どうすればいいか分からない

とか色々あるんですが、

ママ

そもそも子供が英語を嫌がって英語語りかけも英語絵本も拒否する!

どうすればいいのー!!

って悩みも実はよく聞きます。

最初はうまくいってても、子供の日本語が上達してくると誰もが一度は通る道じゃないかなと。

そこで、今日はファーリンガルの実践メンバーでDWE正規ユーザーの小1男の子&1歳男の子ママ、ゆあママさんの

英語を拒否していた小学生が嫌がるどころか英語での会話ラリーが続くようになった!

という成功体験を紹介します。

ゆあママさんは、子供が英語を拒否していても、小学生になっても、まだ遅くない!と見事に証明してくれました。

リケジョママ

お子さんが小学生の方、英語を拒否して困っている方は必見ですよ…!

それでは早速、ゆあママさんの成功体験を聞いてみましょー!

以下、ゆあママさんからのメッセージです↓↓

英語を拒否してた小1息子と会話のラリーが続くようになりました!

以前は話しかけても「英語やめて!」と拒否反応を示していた6歳息子。

 

たまにyes,noを返してくれるくらいだったのに、ファーリンガルを始めてまもなく、会話のラリーが続くようになりました!

 

偶然?と思って連日試しても、ちゃんと返してくれて感動!!

(私のレベルが低すぎるのでまだカタコト会話ですぐ終わりますが…)

 

それどころかパパに日本語で聞かれたことに、自分から英語で答えることもあるくらいです。

 

英語レベルが低いのでほんとに一言二言くらいですが、何か思いついた時に「A-ha!」と言ったり、弟に「Don’t touch! Go Away!」と言ったり(仲はいいです笑)するのも「おぉ…!」と思いながら見ています。

▲メッセージここまで

これまでは英語で話しかけても拒否反応を示したりYesかNoでしか返事しなかったお子さんが、今では会話のラリーが続くようになって、しかもそれがたまたまじゃなく連日試しても返事してくれるようになったとのこと!

しかも、パパにも英語で答えたり、兄弟間の会話も英語になったなんて…!

素晴らしい成果ですね!!

ゆあママさん、おめでとうございます!!

本当おうち英語って一筋縄ではいかなくて、ただ英語DVDやCDをかけ流ししたり、ただ英語で話しかけてれば子供も英語で答えてくれる…なんて甘くない(笑)

だって、子供にだって意思があるから。

小さい頃は割と素直に言われるまま英語をやってくれていても、大きくなって自我が出てくると、つまらないものはやりたくないし分からないこともやりたくないのは当たり前。

大人だって、つまらないことやよく分からないことなんてやりたくないんだから、そんなの子供だって同じですよね。

だから、「やりたい」「わかる」状態にしてきちんと準備した上で語りかけや英語絵本に取り組まないと、子供が英語嫌いになっておうち英語をやりたいのに子供がやってくれなくて挫折…ってなっちゃうんですよ。

じゃあどうすれば「やりたい」「わかる」状態に持っていけるかというと、やっぱりインプットの内容と量の見直し。

  • 英語CDのかけ流し
  • 英語DVDやYouTubeの動画視聴
  • 英語絵本の読み聞かせ

これらすべてを、まず「意味のある内容」で「大量」にやるのがすごーーく大事。

(あ、厳密に言うと、動画に関しては内容は大事だけど、大量ではなくて大丈夫です)

「話せる」に繋がらない無意味なかけ流しや動画視聴をいくらしても結果には繋がらないし、ちゃんと意味のある内容でも、その量(時間)が少なくてはそれも結果に繋がらない。

おうち英語でインプットは十分できてる、それ本当?

ママ

うちはインプットは十分できてるから大丈夫。

って思ってます?

それ、実は私も昔思ってました。

インプットが重要って聞いても「うちはできてるから大丈夫。」って。

でも今の私からしたら、昔の私は内容も無意味なものをかけ流ししてたし、量も全然足りてませんでした。

だからなかなか結果にも繋がらなかったんですけど、自分ではそれを気づいてなかったんです。

なんでかって?

基準がないから。軸がないから。

間違えてやってても足りなくっても、それを指摘する人がいないから。

だから、本当は足りてないのに自分では足りてると思い込んでて、足りないことに気づけなかったんです。

よく一般的に英語のインプットは2000時間以上!なんて言いますが、じゃあ具体的に1日の中でいつ、何を、どれだけインプットすれば十分なのかって…わからないじゃないですか。

だから、毎日少しずつCDのかけ流しをしたりDVDを見せたりしておけばいつか2000時間に到達できるだろう。

だって幼少期の早いうちから始めてるんだし。

そう安心しちゃって、必要なインプットが足りてないことに気づかなかったんです。

今回成果を出されたゆあママさんもおっしゃってました。

私の1日のスケジュールを見て

ゆあママさん

インプットが足りてるってここまでやるのか…!と圧倒された次第です…。

って。

私の娘が1日の中で、かけ流し・動画・絵本などいつ何をどのくらいやってるのか具体的に知ることで、それまでご自身では十分できてると思ってた英語のインプットが実は足りなかったことを自覚し、あとどれくらいやれば足りるのかどう補えばいいのか分かったそうです。

1つの軸を持つことで、「自分は合ってる」「自分は足りてる」と思いこんだまま続けることなくこれがこれだけ足りてない、とまず気づく。

そこからゆあママさんのように、自分に足りなかったインプットを補うことで、子供が英語を拒否しなくなる…だけにとどまらず、英語で会話が続くようになったり他の家族にも自分から英語で話しかけたり…!

なーんてこともできるようになれたんですよ!

アウトプットも大事なんですが、その前に必要な英語が十分インプットできてないと、子供は分からないし、おもしろくもないから、英語嫌いになってしまいます。

なので、子供が英語を嫌がったりいつまで経っても話してくれない…という時は、まずはインプットを見直すのが最優先事項。

その上で語りかけすることで、子供のアウトプットを簡単にスルスル引き出せちゃうんですよ。

「軸」を持てばおうち英語で迷走しないでその都度軌道修正できる!

ファーリンガルの実践メンバー達が次々に成果を出せるのは、私の娘が英語を話せるようになるまでどんな内容のかけ流しや動画・絵本を1日の中でどのくらい取り入れてきたか、それを「軸」として持ってるから。

それと比較して「自分はその内容をそれだけ取り入れられてるか?」と確認して、足りなければすぐに軌道修正できるから。

だから、足りない状態なのに足りてると勘違いしたまま無意味に続けてしまうこともないし、「これでいいのかな?」と自分のやり方に迷うことなく、まっすぐ進めるんです!

今回のゆあママさんがすごかったのは、どう変えればいいのか知った後、ちゃんとそれを実行に移されたところ!

どんなに私がやり方を教えたところで、「へ~なるほど!」と知っただけで今のおうち英語を変えなければ、もちろん結果はついてきません。

でも、ゆあママさんの場合は私の軸を元にインプットを見直された。

だから、英語嫌いになってしまった小学生のお子さんでも、英語で会話のラリーが続けられるようになったり、兄弟間で話す時でさえも自然と英語が勝手に出てくるようになれたんです!

そんな風に素晴らしい成果を出されたゆあママさんのTwitterはこちらです↓

ゆあママさんのTwitter

@yuamama0209

特にお子さんが小学生の方やお子さんの日本語が上達してきて英語を拒否するようになって困ってる…

という方は、ゆあママさんの取り組みはとても参考になると思いますよ。

Twitterをされてる方はぜひゆあママさんのTwitterをフォローしてチェックして下さいね!

実は私とゆあママさんが初めて出会ったのもTwitterで、ゆあママさんとの付き合いはかれこれもう2年以上…!

リケジョママ

ネット上の繋がりでも2年も続くなんて素敵ですよね~♪

ゆあママさんのように実践者が次々に成果を出している、結果が出るおうち英語の「やり方」を学べるリケジョママのオンライン講座・ファーリンガルは、メルマガ読者様限定でご案内しています。

リケジョママのメルマガでは、子供が英語を話せるようになるために必要なことや最短で結果を出すための濃いおうち英語のノウハウを受け取れる他…

今だけ!読者様から大好評の「4歳で娘が英語を長い文章でスラスラ話せるようになるまでに私が実際にやったこと」を無料プレゼント!

\こちらから受け取れます/
今すぐ無料プレゼントをGET