ワールドワイドキッズ公式サイトに当ブログ掲載中

3歳6ヶ月で購入した英語絵本6冊と実際に子供に読んでみた感想

英語絵本

英語絵本の朗読は、子供の英語発語を促したり、語彙を増やしたり、幼児期に覚えた英語の定着させるのに欠かせないとされているので、我が家でも3歳半頃から強化。

1歳半から受講しているワールドワイドキッズの教材にも英語絵本はありますが、「英語多読」という言葉もあるように読めば読むほど効果的なので、プラスアルファとして取り入れることにしました。

今回は、子供が3歳6ヶ月の時に買った英語絵本6冊を、実際に子供に読んでみた感想やおすすめ度とともに紹介します。

読み聞かせのしかた
基本的には付属CDやYouTubeなどの音声を流したり、それを私が真似して読んでいますが、音声がないものはGoogle翻訳で確認して読んでいます。おうち英語の語りかけフレーズを音声でスマホに保存する方法!Google翻訳で発音練習も

Peppa Pig Little Library(おすすめ度:★★)

little library

ペッパピッグはYouTubeで見て好きになったので、6冊も絵本が入っていてお手軽価格のリトルライブラリーを買ってみました。

口コミで絵本のサイズが小さいとは聞いていたものの、想像よりさらに一回り小さい上に厚紙なので、子供はすごくページがめくりにくそうでした。

ミニ絵本だけあって、1冊の話は短く時間のない時にもさっと読めるのはよかったです。

ただ、一文の長さはそこそこ長い文もあるので発音・イントネーション・リズムを音声で確認したかったんですが、残念ながらYouTubeにも読み聞かせ音声はなく、同じストーリーの連動動画もありませんでした。

リケジョママ

動画と連動させて絵本を読みたい方や、英語の音声を確認したい方にはあまりおすすめしません。

We’re Going on a Bear Hunt(おすすめ度:★★★★★)

we're going on a bear hunt

We’re Going on a Bear Huntは、イギリスでは知らない子供はいないほど超有名な絵本

あまり知られていませんが、日本語版の絵本「きょうはみんなでクマがりだ」も出版されています。

これまでの絵本と違い、見開き2ページの文章量は結構多く、全体のページ数も結構多いです。

でもこの絵本は、繰り返しのフレーズが多いので見た目ほどハードルが高くないのと、YouTubeで公開されている作者のマイケル・ローゼンさんのノリノリの動画で歌を覚えたら簡単に読めるようになりました。

元々わらべ歌だったのをローゼンさんが絵本にしたので、絵本全文が歌ではないのですが、歌以外の部分もローゼンさんがメリハリをつけて感情豊かに読んでくれるので、すぐイントネーションを覚えてしまいました。

リケジョママ

私も子供も大好きで毎日YouTubeを見ながら歌って踊っていたので、ほぼ暗記!

絵本の内容や連動YouTubeは、また別の記事で詳しく紹介する予定です。

the Enormous Turnip(おすすめ度:★★★★)

enormousturnip

the Enormous Turnipは、日本の童謡「大きなかぶ」の英語バージョンの絵本です。

イギリスのladybird社が出版している、子供が自分で絵本を読めるようになるのを目的とした「Read It Yourself」シリーズのレベル1の絵本の一つ。

似たような絵本に「ORT(Oxford Reading Tree)」「CTP」「サイトワードリーダーズ」などがありますが、それらが単語や文章からストーリーが作られているのに対し、こちらはストーリーから単語や文章作られています。

フレーズを繰り返すだけの不自然に途切れた話にならず、ストーリーが楽しめるので子供も好きで何回も読んでいます。

リケジョママ

レベル1なので1ページの文章量も短く、子供も親も英語絵本を読む練習をするのに読みやすくおすすめの絵本です。

CDはついていませんが、「Read It Yourself」シリーズ自体が有名でthe Enormous Turnipを含めYouTubeに読み聞かせ動画が大抵アップされているのも高ポイントです。

おうち英語の語りかけフレーズを音声でスマホに保存する方法!Google翻訳で発音練習も

Cinderella(おすすめ度:★★)

シンデレラ

こちらも前述のRead It Yourselfシリーズのレベル1で、各ページの語彙数、文章の長さなどは問題ないのですが、問題はストーリーの内容。

誰もが知っているシンデレラのストーリーなんですが、「stepmother(義母)」「stepsister(義姉)」「marry(結婚する)」など3歳児に説明するにはまだ難しい内容に感じました。

あと個人的には、あまり絵も好きじゃありませんでした。

リケジョママ

やっぱりシンデレラは、王道のディズニーのイラストで教えたい気もします。

Big Snowman, Little Snowman~Disney Frozen~(おすすめ度:★★★)

bigsnowman

ディズニー映画の絵本をレベルに応じて段階的に読める「Step into Reading」シリーズ。

アナと雪の女王以外にも、シンデレラ、美女と野獣、アラジン、カーズなどいろんなディズニー映画の絵本が揃っています。

娘はそれほどディズニー好きなわけれはないのですが、幼稚園年少にもなるとそろそろプリンセスが好きになる年頃かなと思い、試しに購入。

さすが評判通り絵はとてもきれいなんですが、購入したのがレベル1の絵本ということもあり、全体が繋がったストーリーというより映画のワンシーンをカットして断片的に載せている感じで、絵本としては少し面白みに欠けました。(子供の反応もイマイチ)

全体のストーリーを楽しむというよりは、元の映画のストーリーを知っていて、各ページずつ「あ、これあのシーンだ」と思い出しながら親子で一緒に見るのに向く絵本だと思います。

Five Little Monkeys Jumping on the Bed(おすすめ度:★★★★★)

five little monkey

有名な英語童謡「Five Little Monkeys jumping on the bed」の連動絵本です。

歌をダンスと一緒に歌詞まで覚えてしまえば必然的に絵本も読めるようになるので、英語絵本の読み聞かせに力を入れているママなら大抵読んだことがあるほどの有名な絵本です。

リケジョママ

これは買ってよかったとすごく思ったおすすめの絵本です。

絵本の詳しいストーリーや、親子で歌って踊って歌詞を覚えるのにおすすめのYouTubeや、ネイティブが絵本を朗読しているYouTubeを以下の記事で紹介しています。Five Little Monkeys Jumping on the BedFive Little Monkeys jumping on the bed絵本レビュー!動画連動で子供が口ずさむ

これまでの子供の英語成長記録はこちら↓1歳半~2歳2ヶ月の英語成長記録!初めて話した英語はBlue・歌はABC Song2歳前半の英語成長記録2歳3ヶ月~2歳6ヶ月の英語成長記録!センテンス(三語文)で話せるように