インターなし&留学なし&英語苦手ママでも子供がバイリンガルに育った方法を無料公開>>

結果が出ない時知っておきたい5つのこと

こんにちは!
おうちバイリンガルKidsを育てるスペシャリストのミナです!

なかなか結果が出ない、効果を感じない、これを続けて話せるようになるのかな…と不安になる方、とても多いです。

ですが…残念ながらちょっとやっただけで英語はすぐには上達しません!

なかなか効果を感じないと不安になる時、知っておいた方がいいことを5つ紹介します。

①すぐに結果を求めない

日本語でも全く話せなかったところから、1ヶ月や2ヶ月でいきなりペラペラにはなりませんよね?

魔法じゃないのでいきなりペラペラにはなりません!

最初の4ヶ月間は小さな変化、5〜6ヶ月目から積もり積もって一気にグンと伸びたのを実感する人が多いです。

②不安になる時は行動していない時

不安になる時=頭で考えている時、頭の中だけで考えていて、行動していない時。

子供と英語で話している時、英語の絵本を読んでいる時とか行動をしている時は不安になることはできません。

結果を求めて不安になると行動が止まり、行動が止まると成長も止まってしまいます。

今はゴールまでの途中経過。途中経過はどうこう気にせず、行動し続けましょう。

③打つ手は無限にある!

1つのやり方を数回試して効果が出ないからと、あーもうダメだ!と諦めないでください。

じゃあ違う本ならどう?読むタイミングを変えたら?読み方をおもしろくしたら?

ダメだ、ではなく、じゃあどうする?と他の方法をいろいろ試してみてください。

④良質なアウトプットは良質なインプットからしか出ない

子供にはセンテンスで話してほしいと思っているのに、歌だけかけ流していませんか?

会話してほしいなら会話を、センテンスで話してほしいならセンテンスでのインプットが必須。

その上でアウトプットもすることで次に必要なインプットが分かって質が上がるので、インプットとアウトプットの両方を高速回転させることが大事です。

⑤完璧になってからやらない

「完璧になってからやろう」とか、「上手になってから話そう」と、ラクな受け身のインプットばかりしがちです。

インプットだけひたすら続けていても、覚えたフレーズを必要な時必要なシーンで使えません。

実際に自分で使う経験を重ねることで、必要な時に必要なものを取り出し、自由に文を組み立てて使えるようになります。

まとめ

いかがでしたか?こんなにやっているのに何で成果が出ないの…?と思ってしまう時、5つのポイントを思い出してくださいね!

諦めるのは100回試してからにしましょう!

打つ手はまだまだ沢山ありますよ!