ワールドワイドキッズ公式HPに当ブログが掲載されました!

ドルチボーレベビーソープ口コミ!乳児湿疹や幼児の乾燥肌への効果検証

赤ちゃんや幼児向けのベビーソープとして人気のドルチボーレ。

乳児湿疹や乾燥対策にいいとは聞くものの、ドラッグストアなどで見かける市販のベビーソープに比べると決して安い値段ではないので、購入を躊躇する人も多いのではないでしょうか?

私はドルチボーレのベビーソープを購入して、子供に実際に使用。

成分、泡立ちや洗い上がりの肌の感触などの使用感、0歳の時の乳児湿疹対策と3歳の時の冬の乾燥対策への効果、一番安く買う方法などを徹底解説します。

ドルチボーレベビーソープの成分は?無添加?

無添加への9つのこだわり

  1. 無香料
  2. 無着色
  3. 鉱物油無添加
  4. パラベン(防腐剤)無添加
  5. 旧表示指定成分無添加
  6. アルコール・エタノール無添加
  7. 石油系界面活性剤無添加
  8. ノンシリコーン
  9. フェノキシエタノール無添加

生まれてすぐの赤ちゃんの肌に安心して使えるように、ということでドルチボーレはこれだけの無添加に徹底的にこだわっています。

ベビー用品で「無添加」は今は当たり前ですが、大抵は無香料・無着色・ノンアルコールなど3つぐらいの無添加。

9つの成分の無添加へのこだわりはあまり見かけないので、素人目に見ても安心して使えるのが伝わってきますね。

精製水より優しい「天使の希水」


出典:ドルチボーレ公式サイト

ベビーソープの成分の中で大きな配合量占める「水」にもドルチボーレはこだわりが。

精製水やRO水は使わず、地下水を汚染する施設のない九州佐賀県脊振山系で採水された非加熱天然水「天使の希水」を100%使用。

ピュアな天然水が子供の肌を優しく潤しながら洗い上げてくれます。

また、この不純物の入っていないピュアな天然水だからこそ防腐剤フリーを可能にしているのです。

ヒアルロン酸とセラミド類似成分で贅沢に保湿

バリア機能が未熟でデリケートな乳幼児の肌は、乾燥が大敵。

ドルチボーレのベビーソープには、以下の保湿成分が贅沢に配合されています。

  • ヒアルロン酸
  • 天然保湿因子「PCA-Na」
  • セラミド類似成分「コメヌカスフィンゴ糖脂質」

理系女子ママ

まるで大人の洗顔料や化粧水に入っていそうな成分ですね!

ドルチボーレベビーソープの使用感や洗い上がりの肌は?

泡はきめ細かく洗い流した後もぬるつきなし

実際にドルチボーレのベビーソープを手に取った写真です。

弾力があって触るとツノが立ったり、手を逆さにしても泡が落ちない、という感じではなく、どちらかというと柔らかい感触です。

それも、余分な化学成分が入っていない無添加石鹸ならではですね。

理系女子ママ

触感はやや物足りなく感じますが、柔らかい分さっと伸ばしやすいというメリットもあります。

でも、泡がとてもきめ細かいので泡切れが抜群

しっとり系のベビーソープは、しっとりする分洗い流した後ぬるつくものも多いですが、ドルチボーレのソープはそういったことはありません。

まだ首が座っていなかったり腰が座っていない赤ちゃんでも、ガシガシ洗わなくてもシャワーでさっとすぐ流せるのは結構ママにとっては嬉しい機能です。

お風呂から出ると何度も触りたくなるふんわり肌に

シャワーで流した直後はまだ濡れた状態ということもあり、子供の肌の変化には特に気づかないですが、驚いたのがお風呂から出た後。

タオルで水気をふき取ってから子供の肌を触ってみると、「ふっくら&ふんわり」。

人工的な被膜で覆われたしっとり感ではなく、内側から肌本来の力でふっくら持ち上がってくるようなふんわり感。

初めての感触に、思わず何度も子供の肌を触ってしまいました(笑)

楽天市場の口コミでは「モチモチする」という意見が多かったですが、私はどちらかというと「ふっくらふんわり」というイメージです。

乳児湿疹や幼児の乾燥肌対策への効果は?

赤ちゃんの時の乳児湿疹対策への効果

私の子供は、産後退院する少し前から乳児湿疹(乳幼児湿疹)ができ、退院後もずっと顔がボツボツ。

産婦人科の先生に相談しても、

医師

皮脂分泌が活発な時期だから、とにかく石鹸でよく洗って下さい。

と言われるだけで特に薬の処方はなく、言われるとおりに洗っても一向に改善せず

自分でも調べてみると、乳児湿疹は「洗浄」と「保湿」の両方がカギになることが発覚。

乳児湿疹対策として口コミで圧倒的に評判のよかったこのドルチボーレのソープと、『出会えてよかった!乳児湿疹が劇的に改善した神アイテム2選』で紹介したアトピタのクリームを併用したところ、数日で湿疹がほとんど目立たなくなる綺麗になりました。

ちなみに少し後に生まれた友人の赤ちゃんも同じように乳児湿疹になったと聞いたので、このドルチボーレベビーソープとアトピタクリームの組み合わせを教えたところ、

ママ

言われたとおりにやったら乳児湿疹減ってきたよ!ありがとう!

と言っていたので、効果を感じたのは私だけではないようです。

MEMO
ドルチボーレにもミルキーベビーローションという保湿剤がありますが、そちらが悪いというわけではなく、むしろモチモチの肌になると好評ですが、両方ドルチボーレで揃えると結構高くなるので、私は保湿クリームのみアトピタで代替しています。

子供のためならいくらでも出せる!という方は、ローションの方も使ってみてもいいと思います。

乳児湿疹が治ってからは、ずっと使うにはドルチボーレはコスパが悪いので、市販のベビーソープに戻しました。

3歳になってからの乾燥肌対策としての効果

バリア機能が低く乾燥しやすいのは赤ちゃんの時だけでなく、幼児になってもまだまだ続きます。

私の子供は0歳~2歳までは東京に住んでいましたが、毎年冬は乾燥がひどく、ヒルロイドクリームでの保湿だけでは追い付かず、プロペトを毎日べっとり塗らないとすごくガサガサになってしまうレベル。

それが、3歳になったこの冬に北海道に引っ越してからは空気の乾燥がさらに激化し、ガサガサを通り越して湿疹部分に小さいかさぶたができ、さらにそれが破れて血まで滲むようになってしまいました。

ママ

お風呂上がりにプロペトをべったり塗っても、です…。

これはいけないと思い、赤ちゃんの時に使ったドルチボーレのベビーソープが保湿力が高くてよかったのを思い出し、慌てて再購入。

使った初日は、さすがに1回洗っただけでいきなり今までのガサガサがなくなりはしませんでしたが、お風呂後の肌がふっくらふんわりした中にほんのりカサカサがある程度に。

一週間も使い続けると、かさぶたはすっかりなくなって綺麗な肌になり、改めて「高いだけの仕事はしてくれる」とドルチボーレのよさを実感しました。

ドルチボーレのベビーソープを安く買う方法は?

ドルチボーレのベビーソープはドラッグストアに売ってる一般のソープに比べると高価なので、ずっと使い続けるには正直高い・・・。

なので私がドルチボーレを使用するのにおすすめなのは、

  • 新生児~生後3ヶ月ぐらいの乳児湿疹ができる時期
    (個人差があるので、3ヶ月過ぎても乳児湿疹ができた時やアトピー肌の場合も)
  • 冬場~春先の子供の肌の乾燥がひどい時・ガサガサする時

この時期に絞って使うと効率的に使えると思います。

そして、少しでも安く買えないかとドルチボーレベビーソープの値段を比較してみました。

楽天市場で購入
税込3456円+送料750円=合計4,206円

 

公式サイトで購入
税込3456円+LINE友達追加で500円オフ+会員登録ですぐ使える500P(=500円オフ)+初回送料無料=合計2,456円

つまり…公式サイトで買った方が1,750円もお得(※2019年3月現在)

【公式サイトはこちら】
赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

ちなみに公式サイトでも2回目以降は送料がかかりますが、レビューを書くと200ポイントもらえるので、リピートする場合はレビューを書いておいた方が得できます。