子供の夏風邪「手足口病」と「ヘルパンギーナ」の違い!症状・治療法と悪化させない2つのポイント

子供の三大夏風邪「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。どれも感染症で子供から子供へ移り、6~9月の夏の時期に5歳以下の子供に大流行します。

そのうちの手足口病とヘルパンギーナは症状がよく似ている上に、併発しやすいのも特徴です。今回は、それぞれの症状の違いや治療法とともに、悪化させないために気をつけるべき2つのポイントをご紹介します。

手足口病とヘルパンギーナの症状の違い

手足口病の症状

POINT

  1. 熱は37.5℃前後
  2. 手足全体に虫刺されのような水疱(発疹)ができる
  3. 口の中にも水疱や口内炎ができる

全身にやや膿んだような虫刺されが大量にできるので見た目には痛々しいですが、実際には体を温めすぎたりしなければ発疹もそれほど痒みや痛みを伴わず、熱も微熱程度なので、意外に子供は元気に走り回っていることが多いです。

ヘルパンギーナの症状

POINT

  1. 熱は39~40℃の高熱
  2. 見た目には普段と変わらない
  3. 口の中に水疱ができ、のどにひどい痛み

手足口病とは反対に、特に水疱ができるわけでもなく見た目は普段通りに見えるので一見体調不良に見えませんが、高熱が出てのどにひどく痛みを伴うので、手足口病に比べ子供がぐったりして元気がなくなります

手足口病とヘルパンギーナの違いを簡単に言うと

手足口病とヘルパンギーナは、どちらも熱が出て口の中に水疱ができる夏風邪なので、よく似ていて医師も間違うことがあると言われています。

しかし違いをざっくりと簡単に言うと、微熱程度で手足を中心に全身に水疱ができるのが手足口病39℃以上の高熱が出て喉にひどい痛みを伴のがヘルパンギーナです。

逆に言えば、手足に水疱ができているのに39℃以上の高熱も出ている場合は併発している可能性があります。

それぞれの治療法・特効薬は?

残念ながらどちらも根本的な治療法や特効薬はありません。

ピークは3~4日間完治まで約1週間なので治るまで時間が過ぎるのを待つしかありません。

直接病気を治療する特効薬はありませんが、対症療法として、熱を下げる解熱鎮痛剤(座薬またはシロップ)や喉の炎症を抑える薬、水疱に塗る塗り薬などが症状によって処方される場合があります。

悪化させないために気をつけるべき2つのポイント

脱水症状

手足口病、ヘルパンギーナのどちらにかかったとしても、口の中に水疱ができるので痛みでご飯を食べたり飲み物を飲むのを子供が嫌がります。

そのため、水分補給ができず脱水症状を起こさないよう注意が必要です。少ししか飲まない中でも、水分と電解質をすばやく体内に吸収してくれるような飲料での水分補給で脱水症状を起こさないようにすることが不可欠です。

私の子供も実際に手足口病とヘルパンギーナを併発し、ほとんど飲み物を飲まない日もありましたが、こちらのアクアライトりんご味での水分補給で脱水症状を起こさずに済みました。

3ヶ月から飲める幼児版ポカリスエットのようなもので、賞味期限も長く常温保管可能、ペットボトルで真夏の外出時の水分補給としても持ち運びしやすく、味もおいしいので私は常備しています。

ちなみに口コミでも書かれていますが、同じアクアライトでも白ブドウ味の方はあまり好きではなかったようなので、人気のりんご味を常備しています。

お風呂はシャワーのみ

こちらは特に手足口病の場合に気をつけるべきことですが、お風呂は湯船につからずぬるめのシャワーのみで済ませます

これは体が温まることで水疱がかゆくなる恐れがあるため。体を洗う時も泡で水疱がしみたり、こすれることで痛みがでる恐れがあるので、石鹸は使わずぬるま湯のシャワーで軽く体を流すのみがいいとされています。

私は最初このことを知らず、高熱が下がった後汗をかいたからお風呂に入った方がいいと思い普通にいつも通りお風呂に入れてしまい、子供が夜寝ないで23時まで起きているという事態に陥ってしまいました。(普段は20時半就寝)

以上、三大夏風邪の手足口病とヘルパンギーナの違い、症状・治療法と悪化させないために気をつけるべき2つのポイントでした。

↓こちらにいいね!のクリックいただけると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も一緒に読んでいます

↓シェアいただけると嬉しいです!