手足口病とヘルパンギーナ併発!発症から完治まで怒涛の10日間の経緯すべて見せます

1歳児・2歳児がかかりやすい三大夏風邪「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。

今年の夏も大流行した手足口病は、保育園に通うほとんどの幼児がかかったそうです。そして手足口病とヘルパンギーナは併発しやすいのも特徴です。

私の1歳の子供も例にもれず感染し、手足口病とヘルパンギーナを併発したため、発症してから完治するまでの子供の様子や食欲・お風呂・睡眠の状態はどうだったか何日目にどのぐらい症状が治まったか怒涛の10日間の経緯を時系列で詳しくご紹介します。

これから手足口病とヘルパンギーナを併発した時の目安にしていただけたらと思います。

1日目

39℃の高熱が一日中続くものの、体のしんどさから泣いた時も座薬を入れればしばらくして落ち着く。高熱なので食欲はなく、食べられるものはヨーグルト、牛乳、ゼリー程度。

症状は熱のみだったので、この時点ではただの風邪だと思っていました。

高熱のためお風呂はなし。体のみ濡らしたタオルで拭いて清潔にしました。

夜は一人では寝られなかったので添い寝。夜中にしんどさから起きたものの前回の座薬投入時から6時間経過していたため、再び座薬を入れてしばらくソファーに座りながら抱っこしていたら、じきに寝つきました。

※普段は寝かしつけなしで一人で寝られます。

2日目

熱は37℃程度の微熱になり、子供の様子は昨日よりよくなっているように見えたものの、朝起きたら手足に虫刺されのような多数の水疱瘡が出現。

時間が経つにつれ水疱の数は増え、昼頃には口周り、足の裏、おしりなどにも発疹。

事前にこどもちゃれんじぷちの保護者向け情報誌で、この時期子供がかかりやすい病気として手足口病の症状を写真で見ていたため、手足口病を疑い慌てて休日診療へ。

診断結果は予想通り全身が手足口病で、口の中がヘルパンギーナとのこと。高熱時使用するための座薬と喉の炎症を抑える飲み薬が処方されました。

食欲は前日同様あまりないものの、冷めたコーンポタージュやマッシュポテトなど、喉ごしのいいもののみ一部食べられるように。

お風呂は前日入らなかったのもあり、熱もほぼ下がったため通常通り入りました。
※しかしこれが寝つけない原因に。後述のように本来はぬるめのシャワーのみがベストでした。

夜は寝る前に30分絵本を読んであげてもまだ足りない、寝に行きたくないと必死の抵抗をみせる。何度寝かしに行っても寝れないようで、10分後ぐらいに寝られないと泣いて起きる。それを繰り返し23時にようやく就寝

しかしそれもつかの間、夜中1時前に痛みからか起きて大泣き。抱っこをしても、抱っこしながら歩いても、牛乳などを飲ませても(飲まない)、熱さまシートを貼ってみても、発疹が痒いかもしれないと部屋を涼しめにしてみても、再びベッドに寝かせて添い寝しても、何をしても泣き止まずつらそうにジタバタしながら泣き叫び続けました

理系女子
ママ
つらそうだしかわいそうだけど、何をしてあげたらいいかわからない…

痛みで泣いているように思うものの喋れないため痛みなのか確認できず、また熱も36℃台だったため、座薬の投入を考えるも素人判断の行動で何かあるといけないため、座薬は入れずひたすら抱っこであやし続けました。

1時間半泣き叫び続けた後、ようやく泣きつかれたのかウトウト。しばらくしてベッドに移動させると、その後は朝までぐっすり寝ました。

翌日医師の話を聞いたり、自分で色々と調べたりした結果、この日の夜の判断は色々と間違っていたことがわかりました。もっと早く正しい対処法を知っていたら、子供はこんなに大泣きし続けることはなかったかもしれません。

来年もしまた手足口病やヘルパンギーナになった時には、以下の正しい対処法で対応しようと思います。

3日目

熱は完全に下がり平熱に。休日診療で1日分しか薬をもらってなかったため再びかかりつけの小児科を受診。

診断は前日と同様、手足口病と口の中にヘルパンギーナの併発ということでした。

夜中のことを相談したら、ヘルパンギーナによるひどい喉の痛みが原因だろうと。手足口病の痒み・痛みは見た目と反対に大したことはないとのこと。

万一今夜も同様になった場合、熱がなくても座薬を入れてもいいか確認すると、座薬でもいいけどシロップが飲めそうなら少し弱めのカロナールシロップ(ロキソニンより弱い妊娠中でも飲める解熱鎮痛剤)を処方するからそれを飲ませるようにとのこと。飲めなければ座薬を入れても大丈夫とのことでした。

食欲はあまりないものの、好きなもので口当たりのいいものは少し食べてくれるように。一方で、喉が痛いのか飲み物はほとんど飲みたがらずおしっこの回数は普段の半分以下になってしまいました。

少ない水分でも効率的に水分と電解質が補給できるように、夏の外出用にストックしてあったこども版ポカリスエットにあたるアクアライトのりんご味を飲ませて脱水症状を起こさないようにしました。

お風呂はお湯につかることで体が温まり発疹がかゆくなる恐れ、泡で発疹がしみたりこすれて痛みがでる恐れから、ぬるま湯のシャワーで石鹸なしで軽く体を流すのみに。

お風呂を出たあたりから少し元気が出てきて、心配して早く帰宅したパパと声を出して笑いながら遊び、すんなり21時に就寝夜は一度も起きることなく朝まで熟睡でき、ホッとしました。

4日目

普段とほとんど変わらないぐらい自分でおもちゃなどで遊べるように。お喋りも少しずつ増えてきました。

食欲は少し戻ってきたようで、好きなものはたくさん食べられるようになり、飲み物もいつもと同じぐらい飲めるように。ただ、主食を食べる量は普段より少なめ。おかずの方を好む傾向です。

発疹は相変わらずあり、痛々しいまま。それでも子供は特に水疱自体は痛くなさそうにしているので不思議です。

夜は無事いつも通りの20:30に就寝。寝る前に20分ほど絵本を読んだら満足し、時間になったらグズることなく自分から素直にベッドへ行く余裕ができました。

5日目

通常よりはややぐずりやすいものの、外出先でも歩き回れるぐらいには元気に。元気具合は普段の80%ぐらいです。

水疱の大半は膿がひいてかさぶたに。やや黒ずんだ赤色になってきたため、冗談抜きでうんちを拭くときにかなり紛らわしいので、かなり神経を使いながら拭きました。

理系女子
ママ
うんちと勘違いしてかさぶたを思いきりこすってしまったら、子供が痛がるだろうし…

お風呂はまだシャワーのみ。

ただ夏ということもあり、毛じらみ等になるといけないため髪の毛のみシャンプーを使用しましたが、特に問題はありませんでした。

6日目

完全に元気になり、普段と全く変わらず100%の状態に。手足に水疱がなければ病気だったことがわからないぐらいです。

食事は、コロッケなどの比較的しっかりとした歯ごたえのある固形物も普段通り食べられるようになりました。

水疱がだいぶ乾燥してきたこと、本人が完全に元気なことから今日からお風呂で湯船につかってみることに。もちろん水疱がかゆくなったり痛くなったりしないよう、37~38℃のかなりぬるめの温度設定です。

最初に少しだけ浸からせて子供の様子を見てみましたが、特に手足を気にするそぶりもなかったためそのまま続行。まだ回復後初日のお風呂なので短時間にとどめましたが、特に問題は起こりませんでした。

ただ、体を洗うのはかさぶたをこすって傷つけてしまう恐れから、まだ石鹸なしでシャワーでざっと流すのみに(髪の毛のみシャンプー使用)。ボディソープの使用はかさぶたも完全になくなってからにする予定です。

7~8日目

手足のかさぶたが半分ぐらいに。

お風呂は念のため髪にシャンプー+体は石鹸なしでシャワーで流すのみに。湯船には引き続きぬるめのお湯で短時間入浴。

9~10日目

手足のかさぶたは2~3割程度に減少。ほとんど気にならなくなりました。

お風呂でも、通常通り体もボディソープを使用して洗うようにしましたが、特に子供も痛がる様子はなし。

約10日間で生活は完全に通常通りに戻りました。

その後(1ヶ月後)

太ももなどわずかに残っていたかさぶたの痕が完全に消えたのは、約1ヶ月後でした。子供は新陳代謝が活発というわりには意外に痕がきれいに戻るのに時間がかかりました。

とはいえ、水疱瘡が落ち着くまでの約10日間は日焼け止めを塗らなかったのもあり結構日焼けしてしまい、逆に少し濃くなった肌の色に紛れてあまり目立ってはいませんでした。手足口病になったのを知らない人からしたら、近くで見た時に「何か痕がある?虫刺されかな?」と思う程度です。

本当に手足口病とヘルパンギーナを発症してからは、私もすべての予定をキャンセルし、子供の食欲もかなり落ち、怒涛の10日間でした。できることならもうかかってほしくないと思います。

以上、手足口病とヘルパンギーナ併発の発症から完治まで10日間の経緯でした。

喉の痛みではなく鼻水で寝れない時は
CHECK!赤ちゃんに鼻水吸引器は必要?一番鼻水がとれたおすすめの吸引器はどれ?

こちらの記事もおすすめです
子育ての疑問・お悩み解消!誰いもが悩む子供の成長・生活・病気の対処法まとめ

こちらの記事もよく読まれています

↓シェアいただけると嬉しいです!