rikejo.netとは?

オンライン英会話でスカイプが必要な時の導入と設定方法を分かりやすく解説

スカイプ

おうち英語をされている方は、英語のアウトプットの場としてオンライン英会話も併用して受けられている方がほとんどです。

でも、いざいろんな子供向けオンライン英会話を比較して体験レッスンを受けてみようと思うと、ほとんどのスクールが「Skypeスカイプ)必須」。

私の今までのイメージでは、

理系女子ママ

スカイプって名前は聞いたことがあってなんとなく分かるるけど、必要機材があるのか、月額料金がかかるのかとかよく分からないし、なんかめんどくさそう。

でした(笑)

でも今回3歳の娘のオンライン英会話を始めるにあたって、比較でいろんなスクールの無料体験レッスンを受ける際にスカイプは避けては通れずついに導入。

スカイプを設定する時に分かりにくくてつまづいた部分もあったので、実際にスカイプを導入→使用してみて必要なものから設定方法注意点など分かりやすく解説します。

スカイプを利用する幼児向けオンライン英会話スクール

スカイプ

まずは、実際に3歳以上で受けられる幼児向けのオンライン英会話スクールでスカイプを使用するところってどこがあるの?

ということで、レッスンを受けるのにスカイプが必要なスクールを調べました。

このように、主要な幼児向けオンライン英会話は基本スカイプです。

ただし、リップルキッズパークは入会後のレッスンはスカイプを使用しますが、2回受けられる無料体験レッスンは2回ともZoomというPCの無料アプリを使用します。

なので、スカイプをまだ使ったことがない人でも、まずは体験レッスンを受けてみて入会することになったら導入すればいいので、他のスクールよりは敷居は低いです。

ちなみに、スカイプがなくてもレッスンを受けられるオンライン英会話スクールと使用デバイスはこちら。

これからスカイプの導入や設定を分かりやすく説明しますが、それでもやっぱりスカイプはめんどくさい!

という方は、上記のスカイプ不使用のスクールの体験レッスンを受けてみるのも手です。

リップルキッズパークの体験レッスンを3歳が受けた内容と感想を、以下の記事で紹介しています。

関連記事
リップルキッズパークの体験口コミ!3歳児の反応とレッスン内容

スカイプって何?利用するのに必要なものは?

スカイプとは、マイクロソフトが提供するインターネット電話サービス(テレビ電話)です。

スカイプ同士なら通話料無料なので、外国に住んでいる先生と通話するオンライン英会話には欠かせないものなんです。(月額費用もなし)

スカイプは、PCにアプリをインストールして会員登録(無料)をすれば誰でも利用できますが、テレビ電話なので実際に通話するにはマイクとカメラが必要です。

ノートPCなら大抵両方とも内蔵されていますが、デスクトップPCでマイクやカメラ機能がない場合には別売の「ヘッドセット」と「Webカメラ」を準備する必要があります。

どちらも一般的な機能のものであれば、1000円~2000円ぐらいで安く購入できます。

人見知りの子供のオンライン英会話には別売マイク必須

理系女子ママ

ですが、マイクが内蔵されている場合でも、特に人見知りだったり緊張しやすい子供にはヘッドレストを買った方がいいと思います。

私はノートPCを使っていてマイクもカメラも内蔵されているので、最初はどちらも購入しませんでした。

でも実際にオンライン英会話を受けてみると、子供(3歳女の子)は元々かなり人見知りな上、オンライン英会話自体が初めてでめちゃくちゃ緊張し、消え入るような声でしか話さない・・・。

当然相手には全く聞こえないので、答えているのに何度も聞き返され、より子供のストレスになり、それが25分間ずっと1対1で続くとか・・・地獄です。

最初の数回のレッスンは、終わると同時に親の私までどっと疲れました

ヘッドセットを使うようになってからは、マイクが子供の口元にあるので小さい声でも拾ってくれるのはもちろん、つけること自体で子供のテンションも上がり、順番に話せるようになりました。

色々検討した結果、私が購入したのがこのバッファローのヘッドセットです。

実はヘッドセットには、以下の2種類の接続端子があります。

  • 3.5mmオーディオジャック
  • USB接続

前者は、PCにマイクとスピーカー2つの差込口がないと使えません。(ノートPCだと1つしかないものが多いのでご注意)

私のノートPCにも1つしかなかったので、どのPCにも使えるUSB接続のヘッドセットを選びました。

オンライン英会話ハナソキッズの体験レビューはこちらで紹介しています。

関連記事
hanasokids(ハナソキッズ)体験レビュー!3歳の悲惨なレッスン内容

スカイプのインストールと必ずやっておくべき2つの設定

スカイプをインストール

まずはマイクロソフトの公式サイトから、スカイプアプリをインストールします。(無料)

Skypeダウンロード

上のタブでデスクトップ用、モバイル用、タブレット用と必要なデバイスに切り替えられます。

手順にそってダウンロードできたら、アプリを起動します。

起動後に料金プランなどが表示されるかもしれませんが、スカイプ同士なら通話料無料なのでプランには加入しなくて大丈夫です。

スカイプ名を確認する

スカイプを使用するオンライン英会話では、事前にマイページにスカイプ名を登録しないといけないので、スカイプ名を確認します。

スカイプ名は通常の電話でいう電話番号のような役割を果たすので、わからないと電話がかけられません。

まずは、①…のメニューボタンをクリックし、出てきたウィンドウの②設定をクリックします。

スカイプ設定

左側のアカウント&プロフィールをクリックすると、右側のSkype名の覧に表示されているのが、自分のスカイプ名です。

スカイプ名

スカイプ名は「live:〇〇」と表示されることもありますが、live:もスカイプ名の一部なのでそれも含めてそのままコピペします。

マイク・スピーカー・カメラの音声テストをする

通話の準備は整いましたが、事前にテストをしておかないと子供の顔が先生に見えなかったり、全く声が聞こえないなどのトラブルが起こるので、必ず事前にテストをします。

先程の設定画面左にある音声/ビデオをクリックすると、下の画像の黒い部分にリアルタイムで自分達の顔が写ります。

スカイプ音声テスト

カメラはPCの上部についているので、そのままの角度では子供は大抵おでこしか映りません。

少し下向きに角度を変えて子供の顔が全部映る角度を覚えたら、そのまま下にスクロールします。

緊張している子供の声が小さくて先生に聞こえないことがないよう、マイクの自動調整をオフにして、マイク音量を最大に固定します。

スカイプ音声テスト

その後下の「無料テスト通話を行う」をクリックすると音声ガイダンスが流れて、ピーっとなった後に喋ると自分の声が録音されます。

結構話せる時間が長いので、普通の大きさの声、小さい声など色々話してみると、いろんな状況でそれぞれ相手にどう聞こえるのかがわかります。(できれば子供自身でも話すのがベスト)

一定の時間が経過したら、何もしなくても自動的に録音された音が再生されます。

再生された自分たちの声を聞いてみて、きちんと聞こえたら設定は終了、小さくて聞き取りにくかったら次に紹介するマイクの設定変更を行います。

スカイプ音声テストで自分の声が小さい時のマイク設定方法

Windows10の場合の、マイクの音量を大きくする設定方法を紹介します。

①コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→②サウンドと順にクリックしていくと、サウンドの別ウィンドウが開きます。
サウンド設定

③録音タブをクリック→内蔵マイクor外付けマイク(ヘッドセット)を選択し、プロパティをクリック。
マイク設定

⑥レベルタブをクリック→⑦マイクを最大にし、⑧マイクブーストを真ん中~最大の間で調整します。

マイクレベル

マイクブーストとは?
マイクブーストは大きくする小さな音も拾ってくれるため、マイクの音量が大きくなる一方で雑音やノイズも入るようになります

つまり、「大きくしなくて大丈夫なら大きくしない方がベスト」なので、スカイプ音声テストで確認しながら微調整してベストな位置を見つけて下さい。

最後に、⑨拡張タブをクリック→⑩すべてのサウンド効果をオフにするにチェックをつけて、OKボタンを押します。
マイク拡張

ちなみに「すべてのサウンド効果」とはノイズ抑制関連機能のため、チェックを入れることでノイズを除去するフィルターが無効になり、マイクが拾う音そのものが大きくなるそうです。

最後に、スカイプ音声テストをもう一度行い、自分達の声が大きくなっていればOKです。お疲れ様でした。

おすすめ記事
ワールドワイドキッズでアウトプットできる6つの方法と場所