たった5分で保険相談の担当を新人ではなくベテランFPにできる裏技

人生の三大買い物(支出)の一つ、生命保険。

一生に払う総額はかなり高額になるので、最初の相談から実際に契約するまで、新人ではなく知識が豊富なベテランFP(ファイナンシャルプランナー)に担当してもらって本当にベストな条件で契約したいというのが本音ではないでしょうか。

とはいえ、担当者は基本的に代理店やFPパートナー会社から勝手に割り振られるもの。新人が担当になってしまう可能性もゼロではありません。

今回は、保険会社の社員として長年働いたことで知った裏事情から、たった5分あることをするだけで、保険相談をする時ベテランFPを担当者にすることができる裏技をご紹介します。

STEP1.たった5分で知識を得る

裏技とはいたって簡単、2ステップでできます。

まずSTEP1では、保険に関して素人ではまず知らない知識を得ます。とはいえ、安心してください。今から保険の本をたくさん読みあさって、長時間かけて勉強するように言っているわけではありません。

私が長年保険会社で勤務した経験から知り得た、保険の素人では知らない情報を凝縮してまとめた記事を紹介しますので、そちらを読んでいただければ大丈夫です。

1記事2~3分で読めると思います。以下の3つのカテゴリーに分けたので、その中から2記事以上選んで読んでみて下さい。

基本的には自分が相談しようと思っている保険種類を選んでいただければ大丈夫ですが、もちろん興味があれば全部読んで下さってもかまいません。

医療保険・がん保険

突然がんになってしまったり、入院や手術をすることになった時の資金として、医療保険やがん保険の加入を検討する人も多いと思います。

しかし、保険の仕組みを理解して正しい内容で加入しないと、いざという時保険金が支払われないというトラブルに巻き込まれ、今まで支払ってきた保険料が無駄になってしまうこともあることをご存じですか?

上の記事では、保険金が全額支払われるために契約前に絶対確認しておきたい3つのポイントと、多くの保険会社の社員が、割引になる自社の保険を蹴ってまで入る、保険業界の業界人に圧倒的な人気を誇るがん保険がどこの保険会社のどの商品かを完全暴露しています。

学資保険・終身保険

2017年では子供の入学金など将来の教育資金準備として学資保険に入るのは時代遅れで、最新の貯蓄のための保険の入り方をわかりやすく解説しています。

また、一般的には「終身保険=死亡した時に保険金が支払われる保険」というイメージが強いですが、終身保険の死亡保険金以外への使い道についても説明しています。

保険の貯蓄性を高めたい、利率がいい保険を選びたい、外貨建保険にも興味があるという方は、以下の「外貨建保険」の記事もあわせてお読みください。

外貨建保険(貯蓄目的の人)

外貨建商品は、外貨建預金にしても外貨建保険にしても日本円の商品より金利がいいというイメージは漠然と持たれている方も多いのではないでしょうか?

ただ同時に為替リスクが怖いというイメージもあると思います。実際の外貨建終身保険のメリットとデメリットをわかりやすく解説するとともに、実際に外貨建終身保険に加入する時に損しないよう、為替リスクを最小限に抑える方法もあわせて紹介しています。

STEP2.申込み時にある言葉を言う

通常、保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)はFPのパートナー会社(代理店)に所属しているので、インターネットもしくは電話で代理店に相談希望の申込みをした後、代理店から担当のFPを割り当てられます。自分ではFPを選べません。

つまり、申込みの時点では自分が保険を相談するFPがどんな人か分からず相談時が初対面となり、いざ会ってみたら自分の担当は経験の浅い新人だったということになる可能性もあるわけです。

注意
ショッピングモールや地下街の一角にある窓口型店舗で保険相談をしようと思っていた方はストップです!絶対にそこでは相談しない方がいい理由をこちらでご確認ください。

STEP2ではその申込み時、もしくは申込みフォームで自由入力欄がなかった場合は確認電話の際に以下の言葉を入力する(言う)だけです。

確認電話とは
インターネットや電話で申込みをした後、いきなりFPに会うわけではありません。代理店から家族構成、希望の保険会社や保険種類などをうかがう確認電話が必ず入り、要望に合ったFPが担当になります。後日、担当FPから日程調整等の連絡が入り面談することになります。
理系女子
ママ
〇〇は△△と聞いたので、✖✖の内容で保険を検討しています。

この〇〇、△△、✖✖には、STEP1で読んだ記事の内容から自分がこうしたいと思ったことを入れて下さいを入れて下さい。特にこの時点で明確にこうしたいと思うことがなければ、以下のような言い方でも大丈夫です。

理系女子
ママ
〇〇は△△と聞いたのですが、その詳細をもう少し詳しく聞きながら保険の相談をしたいと思っています。

ベテラン社員が担当になる理由

ここで、代理店側の立場になってみてください。

代理店
この人、こんなことを知ってるなんて、少し保険の知識がある人なのかな?

通常、保険相談の申込みをしてくる人は保険のことをあまり知らない人が大半なので、上記のように思わせることができたら勝ちです。

代理店
新人を担当させたら知識がある人からの突っ込んだ質問には答えられないわよね…。答えられないと信頼を得られないから契約にも繋がらない。どんな質問をされても答えられるようにベテラン社員を担当にしよう。

このように考え、最低でも中堅以上の知識豊富なベテラン社員にしか担当を割り振りません

補足
電話確認で話す人はあくまでパートナー会社側の人間でFPではないので、電話で話した人が直接保険相談をする相手になることはありません。お客様の要望を確認し、マッチするFPを決めるコーディネーターのような役割の人です。

あくまで「少し知識を持っている」フリは最初の申込み時だけで大丈夫です。実際にFPと会った時には担当はもうその人になっており、こちらから要望しない限り担当を変えられることはまずないので、思う存分知らないことは質問してみてください。

もちろん、質問していく中で担当FPの回答が曖昧で知識に不安を覚えたら担当変更を希望するのもアリです。

この裏技が通用しない場合

当たり前のことですが、最初の段階でそもそも優秀なFPが全然いない代理店に申込んでしまったら、上記裏技も全く意味がありません。

もし普段保険に縁がなくどうやって優秀なFPのいる代理店を探せばいいかわからないという方は、私が保険会社で働いている間あまり悪い噂を聞かなかった2社を紹介しておくので、よろしければ参考にしてみて下さい。

POINT

  1. 保険アドバイザーズ
    ⇒ユーザー満足度94.3%、気に入らないFPは電話で報告・担当変更が可能
  2. ほけんのFP
    ⇒経験豊富・資格保有のベテランFPのみで構成されていて安心

以上、たった5分でできる保険相談の担当を新人ではなくベテランFPにする裏技でした。とても簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

こちらの記事もよく読まれています

↓シェアいただけると嬉しいです!