人気のアンパンマンよくばりすくすくウォーカー失敗談!買わなきゃよかった3つの理由と感想

赤ちゃんが一人で歩けるように練習するウォーカーとして、口コミで大人気のアンパンマンよくばりすくすくウォーカーを実際に購入してみました。

ところが実際に使用してみると後悔だらけ。買わなきゃよかったと思う3つの理由と感想をご紹介します。購入を検討されている方の参考になればと思います。

よくばりすくすくウォーカーの特徴

 

商品説明やインターネット上の口コミで言われている特徴は以下のとおりです。

  1. 角度を変えることで速度調整可能
  2. バランスも問題ない
  3. トイがついているため、歩いてからも長く使えそう
  4. 折りたためてコンパクトに収納できる
  5. アンパンマンなのに意外にお値打ち

これを踏まえ、実際に使用してみた感想をお伝えします。

理由1.つかまるのを嫌がる

すでにつかまり立ち、伝い歩きをする1歳になったばかりの子供に、歩く練習にとまずはつかまって立たせようとしましたが、持ち手を持つのを嫌がり、座りこんでしまう。歩く以前の問題です。

機嫌のいい時を見計らったり、おかしやお気に入りのおもちゃで釣ってとりあえず持たせようとしましたが、とにかく全力で拒否

おそらく今までつかまっていた物は、テーブル、ジャングルジム、ソファーなど床から垂直に伸びていて安定してつかまれるものばかり。そこへ急に前方から斜めに伸びていて、でも下には何もない不安定そうなもの。「つかまって立つ」という対象物ではないのでしょう。

口コミでは9ヶ月や10ヶ月頃の子供がつかまって・・・とありましたが、まだ自我が芽生える前の時期なので、1歳になり自我が強くなったため不安定なものにつかまるのは嫌という意思を持ってしまったのだと思います。

理由2.付属のトイがちゃちすぎる

アンパンマンのおもちゃはよくばりボックスが素晴らしかったので期待していたのですが、

 

同じアガツマが作っているおもちゃと思えない程ちゃちな作りで値段相応の商品でした。よくばりボックスは購入当初から長く飽きずに遊んでいるのに対し、こちらはものの数分で飽きてしまい、その後は見向きもしませんでした。

理由3.たためても、使用する床の表面積は変わらない

言葉通りです。たためて収納できるのであればコンパクトになると思いましたが、たたんで高さはなくなったとしても、置いておくのに使用する床面積は変わりません

そして、結構大きいので場所をとります。立てかけて置くにはバランスが悪いので、それも難しそうです。

ちなみに同じアンパンマンでこちらのライダーに変身するタイプのウォーカーもありますが、

 

1.に関してはこちらも同様、2.は見ていないのでわかりませんが写真で見る限りほとんど変わらなさそうな簡単なつくりのトイ、3.はそもそもたためないので関係ありません。

また、両方のアンパンマンに言えることですが、タイヤが小さいので走行のスムーズさはプーさんなどの大きなタイヤのものに劣る、という口コミも見かけました。

以上が私が実際に使用した感想です。率直に言うと、個人的には大失敗の買い物でしたので、「機関車トーマス、ハローキティ、いないいないばあっの押し手付乗用玩具を使用した感想」の記事で紹介した野中ワールドの乗用に買い替えました。

ただ、こちらのウォーカーで歩く赤ちゃんもいると思いますので、あくまで個人の感想として参考程度にとどめてくださいね。

以上、人気のアンパンマンよくばりすくすくウォーカーの買わなきゃよかった3つの理由と感想でした。

CHECK!0歳~1歳におすすめの人気おもちゃ口コミ感想まとめ!知育系おもちゃ、運動系おもちゃ他

こちらの記事もよく読まれています

↓シェアいただけると嬉しいです!