ロマンスカーでベビーカーをたたまずそのまま置ける座席はここ!車両の種類、展望席有無は?

ロマンスカーにベビーカーをたたまずにそのまま置けるシートがあること、ご存じですか?

箱根温泉へ都内から一本で行ける便利な特急列車、ロマンスカー。新宿から出発で約1時間半足らずで着きますが、赤ちゃん連れ、子連れにとってはその時間ずっと子供を抱っこするのは大変、できればベビーカーをたたまずにそのまま置ける座席があったらいいなと思いますよね。

・・・実は、あるんです。小田急の公式ホームページには座席スペースの寸法が掲載されていないので一般の人にはわかりませんが、ある車両の特定の座席のみ、追加料金なしでベビーカーごと置ける座席があります。

実際に私もその座席を予約し、快適な旅が送れたので、今回はそちらをご紹介しようと思います。

ロマンスカーの車両の種類

ロマンスカーには以下の4種類の車両があります。

  • MSE:一番新しい車両。綺麗ですが通勤向けにたくさんの人が乗れるように設計されたため、展望席はありません。
  • VSE:展望席があり、レトロな車内で旅行客に人気の車両。ベビーカーがそのまま置けるのはこの車両。有料のサルーン席(個室)もあります。
  • EXE:古めで車内も狭く、展望席もないということであまり評判のよくない車両です。
  • LSE:一番古く、展望席のあるクラシカルな車両ですが、予約をする際にほとんど出てこなかったので、現在はあまり走っていないのかもしれません。

ちなみに展望席は窓が全面にあり、景色を思う存分に楽しめる席です。普通席との差額なく、早い者勝ちで座ることができるので、ベビーカーを置けなくてもいいから景色を楽しみたいという方は展望席でもいいかもしれませんね。

旅行のお供にはこちら

追加料金なしでベビーカーが置ける座席は?

20170220132425071.jpg

この写真はロマンスカーで実際に座った座席の前にベビーカーを置き、その横に私も並んで撮った写真です。やや斜めにはしていますが、余裕でベビーカーと向かい合わせに座れていますよね。

VSEの展望席と普通席の間がすごく広いスペースになっているため、展望席のすぐ後ろ、普通席の一番前の座席がベビーカーをそのまま置けるようになっています。

具体的には・・・

行き(新宿→箱根湯本)1号車の5A・5B、または5C・5D
帰り(箱根湯本→新宿)10号車の8A・8B、または8C・8D
(2017年2月20日現在)

念のため、旅行時には小田急HPで座席の位置が変わっていないか、ご自身でご確認お願いします。

その座席に座るにはどうすればいい?

ロマンスカーはインターネットで座席の予約ができるため、事前に予約することで上記座席を確保できます。
特急ロマンスカー空席照会

ちなみに予約は乗車日の1ヶ月前の10時からすることができ、無料の展望席はすぐに埋まってしまうと言われています。上記の座席は子連れ以外にはただ前スペースが広いだけで特に需要はないと思いますが、4席(実質2組)しかないため、旅行シーズンには特に早めに確保しておいた方が無難です。

予約後でも列車の変更はインターネット上でいつでも可能です。ぜひ箱根温泉への快適な旅を楽しんでください。

この記事をよかったと思ったら、ぜひ拡散お願いします↓↓