こどもちゃれんじぷち2017年7月号教材と効果!おしゃべりトイレちゃん、オノマトペ、子供の褒め方口コミします

こどもちゃれんじぷち2017年7月号「たのしいトイレ号」が届いたので、子供の反応や感想とともに教材内容を写真付きで細かく紹介していきます。

今月号はトイレトレーニング(オムツはずれ)特集で、「トイレに座っておしっこをする」イメージづくりをサポート。

口コミで評判のちゃれんじですが、どんなしつけや生活習慣が学べるの?実際効果はどうなの?といった疑問解消にお役立てください。

7月号の教材一覧とお届け時期

Fotor_150444995559650.jpg

7月号のテーマは「たのしいトイレ号」。左上から、絵本、保護者向け情報誌、絵本付属シール、おしゃべりトイレちゃん(特別立体絵本)、DVDです。

こちらの7月号教材は、6月26日に届きました。教材がいつ届くか心配される方もいるようですが、前月末までに自宅に届くように発送されるため、当月1日には確実に遊べるようにしてくれています。

それでは教材を一つずつ詳しく紹介します。

おしゃべりトイレちゃん


出典:こどもちゃれんじぷち

子供にいきなりトイレでおしっこをするように言っても、トイレが何をするところなのかわからないので、まずはトイレが何をするところなのかイメージ作りをすることが大切です。

このおしゃべりトイレちゃんは、そのイメージ作りに最適。普通のしかけ絵本として読める前半と、後半は立てると立体的になって写真のようにしまじろうがぴったり座れるトイレになります。

しまじろうクラブのHPからトイレで一緒に使用できるトイレトレーニング応援カレンダーもダウンロードできます。(会員でなくてもOK)

こどもちゃれんじぷちトイレトレーニング応援カレンダー

おしゃべりトイレちゃんの部分

入会時に届いたしまじろうパペット(ぬいぐるみ)をトイレちゃんに座らせて、「しまじろうもおしっこするよー」と声をかけながらボタンを押すと、おしっこが出る音、うんちが出る音、おならが出る音がランダムに再生されて本当にしまじろうがしているように再現できます。

また、別のボタンを押すとトイレの水を流す音も出せます。

しかけ絵本の部分

おしゃべりトイレちゃんの部分だけでなく、前半のしかけ絵本でもトイレに行こうと誘ったり、トイレに座っておしっこをする、おしっこをした後はお水を流すという一連の流れを教えてくれます。

トイレに行く時はDVDで流れる「行こう、行こう、トイレ行こう~♪」という歌と同じフレーズが絵本にも書かれていたり、おしっこをしたりお水を流すページではしかけを引っ張るとおしっこが出たり、おしっこがお水に変わってとてもイメージしやすいつくりになっています。

しかけ絵本1.トイレに行こう

IMG_20170705_140340.jpg

しかけ絵本2.トイレでおしっこをする

IMG_20170705_140402_201707060031132d4.jpg

しかけ絵本3.おしっこした後はお水を流す

IMG_20170705_140454_mini.jpg

トイレに行っておしっこをすることに慣れたら、次は自分でおしっこが出る前に「トイレに行きたい」と伝えられるようにステップアップしていきます。

絵本

大判でツルツルした生地の全27ページ。薄くて軽いのでお出かけの時にも持ち歩きやすいです。

スイカ割りと七夕の笹飾り

最初は夏の風物詩「スイカ割り」。

最近は昔のようにスイカ割りをすることも少なくなってきましたが、スイカを割ると(真ん中から開くと)リアルな切った断面の写真が出てきて、家にいながらスイカ割りの疑似体験ができます。

IMG_20170705_140625.jpg

 

そしておもしろいのが、しまじろうのお母さんがカットしてくれたスイカをしまじろうの口に見立てた穴に入れる(差し込む)と、しまじろうがお皿の上のスイカを食べるページ。

絵本を読みながら、「しまじろうにスイカ食べさせてあげてー」「モグモグ」といったごっこ遊びができそうですね。

IMG_20170705_140701_20170706003436391.jpg

その他に、付属のシールを貼って七夕の笹の飾りつけができるページもあります。

毎月のことですが、シールは爪の部分を折れば小さい子供でも一人でめくれるように工夫されているので、今回も届いてそうそうシールをとっていろいろなところに貼っていました。こちらは貼ったり剥がしたりして繰り返し使えるので、何度も遊べて重宝します。

水族館へ行こう

IMG_20170705_140728.jpg IMG_20170705_140735.jpg

今月の名前図鑑は「水族館に行こう」。

ジャンプしているイルカ、ペタペタ歩いているペンギンの他、アザラシ、カニ、カラフルな熱帯魚が出てきます。こちらを見せた後に水族館に行くと、「絵本で見た魚たちがいる!」と子供の興奮度がアップしそうですね。

トントントイレ

IMG_20170705_140805.jpg

最後は、生活習慣「トントントイレ」。

先程のおしゃべりトイレちゃんのしかけ絵本部分と同じ「行こう、行こう、トイレ行こう~♪」のフレーズとともに、しまじろうが起きたら「トイレ行くー」と行ってトイレへ行きます。

ドアを叩いて開けると、そこにはトイレちゃんがいて「〇〇ちゃんもトイレに行ってみよう」とトイレへ行くことは怖くないんだよとエデュトイ、DVDと連動してトイレへ行くことを促すストーリーになっています。

DVD

収録内容

1.おどリズム「カニカニフラフラ」

2.生活習慣「トントントイレ1」

3.ぷちリトミック1「グーパー1」

4.いろいろいろっち

5.しまじろうと遊ぼう「スイカ」

6.名前図鑑「水族館の生き物」

7.親子で歌遊び「夏の空」

8.エデュトイで遊ぼう「おしゃべりトイレちゃん」

9.オノマトペ「トントンドンドン」

10.しまじろうと遊ぼう「七夕」

11.ぷちリトミック「グーパー2」

12.エンディング「しまじろうだいすき」

13.これからのお知らせ

14.テーマソング「せかいはパラダイス」

15.特典映像「しまじろうおんど」

7月号も相変わらずDVDを見せると終わるまで集中して見てくれるので、お出かけや夕飯の支度の時に見せています。

リトミック

グーパー

7月号でも引き続きリトミックのコーナーが大のお気に入りです。6月号までと違いキャラクターが変わり、男の子が現れて「グーパー」というかけ声とともに手をグーパーします。

今回もキャラクターがやった後に実際の親子が手をグーパーする動画が流れるので、子供も真似しやすい内容になっています。

私の子供は慎重派なので、6月号までと同様、最初に見た時すぐに真似をすることはなかったのですが、数日見続けるとDVDのかけ声に合わせて手をグーパーすることができるようになりました。

最初にゆっくりグーパー、その後早いグーパーになるので早い時は間違えてグーの時にパーにしてしまったりしますが、そんな時は慌ててすぐにグーに変えたり子供なりに頑張って試行錯誤しながら真似しているようです。

トイレサポート

トイレ

トイレトレーニング特集だけあって気になるトイレサポートは、トイレに行こうとしまじろうとお母さんが歌って踊ったり、トイレではいろんな動物達がおしっこをしたりうんちをしたり、出なかった時はまた来ようと言っています。

あらかじめDVDですりこみをしておくことで、エデュトイのおしゃべりトイレちゃんや絵本で誘った時にもすぐに反応できるように作られています。

オノマトペ

オノマトペ

奇数月にあるオノマトペコーナー。今回は「トントン」と「ドンドン」です。

オノマトペとは、擬音語・擬態語のことで、小さな子どもは大好きだそうです。「転がっているね」と言うだけより、「コロコロ転がっているね」と言った方が動きがつながりやすく理解がスムーズなんだそうです。

1歳半検診で聞いた保健師さんの話によると、擬音語・擬態語を使用することで子供が真似したいと思う気持ちが強くなり、言葉を話すのが早くなるそうなので、オノマトペコーナーはまさに言葉の訓練にもってこいです。

しまじろう音頭

今月号だけ特別についていた特典映像のしまじろう音頭はしまじろうがはっぴを着て祭りの音頭をとりながら歌う映像ですが、正直これはなくてもいいなと思ったのでほとんど見せていません。

相変わらずどんなにグズった時でも見せればご機嫌になってしまう魔法のようなDVDですが、おでかけDVDサービスで当月と前月のDVDの内容がスマホからでも見れるので外出先でも安心です。(会員限定サービス)

保護者向け情報誌

毎月届けられる保護者向けのお役立ち情報誌。7月号は子供のほめ方、おむつはずれの進め方です。

ほめ方

子供の成長に合わせてほめ方を変えないといけないと知っていましたか?

0歳、1歳代のうちは子供が嬉しいと思えるように大げさにほめていいのですが、2歳・3歳代になると相手の表情を読み取れるようになるので、いつまでも大げさにほめていると「何か変だぞ」と思ってしまいます。

子供に何かをやらせるためにおだてるのではなく、頑張る姿に感動した思いや感謝の気持ちを素直に言葉にするのが、一番子供に伝わるそうです。

4歳・5歳代になると、ルールを守りたい気持ちが芽生えるので、たとえば「食事の前には箸を並べる」などの約束をし、できた時にありがとうと伝えるのがいいそうです。

そして、子供が前向きになれるほめ方のポイントはこちら。

POINT

1.日常をほめる

2.経過をほめる

特別なことをした時だけでなく、たとえば眠いのに頑張って起きた時など毎日やっていることをほめられた方が子供は何倍も嬉しいそうです。

そして、できなかったとしても頑張っていることをほめてあげることで、子供は「パパ・ママが見ててくれる」と思い勇気を出して前進できます

おむつはずれの進め方

まずは、おしゃべりトイレちゃんでトイレに興味が持てるようになるごっこ遊びが2種類紹介されています。

POINT

1.食べたらトイレ

2.起きたらトイレ

まずは、5月号教材の食べ物パーツをしまじろうパペットに食べさせた後、「むずむずしてきたなぁ~」と言っておしゃべりトイレちゃんに座らせ、ボタンを押しておしっこやうんちが出る音を出すごっこ遊び。食べた後はトイレに行くという流れが学べます。

また、しまじろうに布団に見立てたタオルをかけてトントンして寝かせ、しまじろうを起こしたらトイレに行こうと言って同じようにおしゃべりトイレちゃんに座らせるごっこ遊びでは、朝起きたらトイレに行くという流れが学べます。

先輩ファミリーによるおむつはずれの進め方体験談で、トイレに誘って一番成功しやすかったタイミングは「起きた時」と答えたのが全体の42%で、実際に私も生後10ヶ月からトイレトレーニングをしていてそれは実感しています。

うまくいかない時は、夜長時間寝て膀胱におしっこがいっぱい溜まった寝起きに一度試してみて下さい。

それ以外におしっこが出やすかった具体的な時間は、月齢別に以下の記事で確認できるのでよろしければ参考にしてみてください。

おむつはずれをサポートしてくれるこどもちゃれんじぷちの教材一覧はこちら
1歳・2歳の夏はおむつはずれのはじめどき!

夏風邪と皮膚トラブル

最後に夏風邪と皮膚トラブルの対処法として、手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱(プール熱)、とびひ、あせも、水いぼのそれぞれの症状、原因、ホームケアの方法が載っていました。

喉の痛みではなく鼻水で寝れない時は
CHECK!赤ちゃんに鼻水吸引器は必要?一番鼻水がとれたおすすめの吸引器はどれ?

次の8月号は「おといっぱい」号。エデュトイは以前からDVDに登場しているリトミックドラム、保護者向け情報誌では子供に伝わる𠮟り方、熱中症の予防と対処法をご紹介します。

こどもちゃれんじぷち2017年8月号教材と効果!リトミックドラム、トイレちゃんシール

今、こどもちゃれんじぷちへ資料請求すると全員に無料プレゼントが貰えます!
★16年~17年度生まれのお子様
ル・クルーゼの初めて離乳食セット全員+1万円のAmazonギフト券抽選100名様

★15年度以前生まれのお子様
リトミック収録DVD&しまじろうのクリスマスグッズ全員

【無料プレゼントはこちら】
⇒こどもちゃれんじぷち無料プレゼント請求 (公式サイトへ)

英語も気になる方はこどもちゃれんじEnglishからしまじろうが歌って踊る英語DVDが無料で貰えます。(対象年齢2歳~ですが年齢関係なく請求可)

「こどもちゃれんじEnglish」英語DVD無料プレゼント! (公式サイトへ)

以上、こどもちゃれんじぷち7月号【たのしいトイレ号】の教材内容と子供への効果でした。

こちらの記事もよく読まれています

↓シェアいただけると嬉しいです!