2020年学校英語教育が変わる!小学校・中学校・高校・大学入試変化の全貌公開

2020年から学校の英語教育が大きく変化することをご存じですか?

今までの「英語ができると就職活動で有利」という時代は終わり、英語は読み書きだけでなく聞けて話せるのが当たり前、小学校・中学校・高校・大学入試で実践的な英語教育が始まります。

この英語教育の変化により、幼児の頃からの英語教育がますます重要に。それぞれどのように変化するのか具体的に説明していきます。

2020年からの学校英語教育の変化

2020年といえばあと3年後。学校教育での英語との関わり方はもうすぐ変わります。

参考:こどもちゃれんじEnglish icon

小学校の英語教育の変化

2020年を目途に、小学校3~4年生から外国語活動の授業がスタート。小学校5~6年生になると国語などと同じように英語が「教科」となり、テストが行われて成績もつけられるように

私達の時代では中学校で行われていたことが、3年後には小学校で行われるようになるんです。

そして、成績がつけられるようになるため中学校入試の受験科目としての採用も増え、中学校受験を考えている方には英語教育はマストになっています。

中学校・高校の英語教育の変化

中学校以降の英語授業は、原則英語で行われるようになります。高校では英語でディスカッションしたり発表をするなど私達の時代では考えられなかったような高度な英語活動をおこなうことが

就職で有利・不利以前の問題で、英語は話せるのが当たり前の時代に変わってきています。

大学入試の英語教育の変化

大学入試では、従来の「読む」「聞く」「書く」だけでなく「話す」も加わった4技能すべての力が測定され、実践的な英語能力を身につけているかどうかで大学合否が左右される時代になります。

子供の習い事ランキングにも変化

出典:ケイコとマナブ「ママ900人に聞いたお稽古ランキング2016」 より

2016年の習い事ランキングでも、英語は習っているランキング2位、習わせたいランキング1位になっています。

また、1歳代で英語をやっている子供は2014年は約8万人だったところから2016年には約16万人と2年間で2倍に増えているそうです。

学校での英語教育の変化に、多くのママがいち早く対応しているようです。

いつから英語を始めるのがベスト?

幼児期から英語を始める必要性があることはわかりましたが、実際にいざ習わせようと思った時、いつから、何歳から始めるのがベストだと思いますか?

実は有料の英語教材や英会話教室を始めるのは0歳でも3歳でもなく、1歳・2歳からがベストなんです。

その理由はこちらの記事で詳しくご説明します。

幼児英語はいつから?0歳でも3歳でもなく1歳2歳から始めるのがベストな理由

人気英語教材のDVDなどが無料で貰えるキャンペーン実施中です。まずは無料サンプルで子供の反応を試してみたい人はこちらからどうぞ。

1.ディズニー英語システム
英語DVD、CD、絵本、お風呂に貼れるABCポスターがすべて無料で貰えて試せます。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント
(公式サイトへ)

2.ワールドワイドキッズ
通常教材と同じ内容のたっぷり23分収録のDVD、絵本、パペット見本が無料で貰えます。また、今ならはじめての英語辞典、英語色カードも抽選で当たります。

 <Worldwide Kids>無料おためし教材プレゼント中!(公式サイトへ)

3.こどもちゃれんじEnglish
子供が大好きなしまじろう登場の英語DVDが無料で貰えます。(対象年齢2歳~ですが1歳でも請求可能)

「こどもちゃれんじEnglish」英語DVD無料プレゼント!(公式サイトへ)

ちなみに本家こどもちゃれんじぷちではしつけと生活習慣が学べますが、毎月届くDVDは全編英語吹替えに切替え可能なので私は語彙力強化のためにそちらも併用して子供に見せています。

今、こどもちゃれんじぷちに資料請求すると全員に無料プレゼントが貰えます!
★16年~17年度生まれのお子様
ル・クルーゼ初めて離乳食セット

★15年度以前生まれのお子様
リトミック収録DVD&リトミックドラム体験版&しかけ絵本

【無料プレゼントはこちら】
⇒こどもちゃれんじぷち無料プレゼント請求 icon(公式サイトへ)

以上、2020年からの学校英語教育の変化の全貌でした。

この記事をよかったと思ったら、ぜひ拡散お願いします↓↓